秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

ファンの間でも名高い名作!光と影の姫君と青い瞳の神獣…

time 2016/02/26

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
ファンの間でも名高い名作!光と影の姫君と青い瞳の神獣…

sponsored link

『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』概要

アクションRPG「ゼルダの伝説」シリーズがWiiに登場。光が虚ろな「黄昏時(Twilight)」は、光の世界の力が薄れ、影の世界と光の世界が耕作する。影の世界に引きずり込まれ、獣の姿に変えられた主人公の青年リンクは、謎の生物ミドナに囚われた王女ゼルダと出会う。ハイラル王国が影の支配下に置かれていることを知ったリンクは、光の世界を取り戻す冒険を始めるが。
移動は、ヌンチャクのコントロールスティックを行きたい方向に倒して進む。Wiiリモコンを振って行う剣の操作や画面を直接狙う弓矢の操作は、プレイヤーの動きがよりダイレクトに反映され、音が出たり、振動するので、臨場感あふれる世界を体感できる。

※Amazonより抜粋


『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』プレイレビュー

今作は「ムジュラの仮面」の後の時代で、光(リンクたちが住む世界)と影の世界に別れたハイラルが舞台となっています。光の世界が影の世界に浸食されたため、光の世界を取り戻そうとリンクは立ち上がります。
影の世界に踏み込むとリンクは人間としての姿を保てなくなり、狼の姿になってしまいます。

良かった点

獣となってしまったリンクは、噛み付き攻撃などで敵に立ち向かったり、穴掘りや強力な脚力で砂漠や雪原を走ったりすることができ、今までとは違う冒険が魅力のひとつです。
また「トワイライトプリンセス」では騎馬戦での行動・アクションが大幅に増え、剣とアイテムが使用可能になっています。さらにラスボス戦では、愛馬エポナに乗り、ゼルダとともに騎馬戦で魔王ガノンドロフに挑むという疾走感溢れる場面も。
敵を倒しながらハイラル平原を駆けていくのはスリル満点でとても楽しいです。
 

悪かった点

マップが広いので初心者の方にとっては分かりずらいかもしれません。
ミニゲーム的イベントも多いので、そうしたゲームがいらないと思う方はストレスが溜まる恐れもあります。

感想 まとめ

今回の旅の仲間は“ミドナ”という女の子ですが、物語の重要な人物となっています。
最初は神獣の力を持つリンクを利用しようとしますが、リンクと行動を共にすることで考えを改め、世界を一緒に救おうとします。
旅の最後に彼女は一筋の涙を流し、リンクに別れを告げますがとても感動するシーンでした。

「トワイライトプリンセス」はWii版とGC版の2種類で発売されており、Wii版ではリモコンを振ることでリンクが剣を振るようになっており、自分が実際に戦っているようで楽しむこともできますよ。

 

管理人の雑感
オトコの娘アバターゼルダシリーズは謎解き要素も満載で、プレイヤーの心をワクワクさせてくれますよね( *´艸`)
Wii版では操作がWiiリモコンを使わなくてはいけないので難しい場合がありますが、ファンの間でも名作として名が高い今作をぜひプレイしてみてくださいね!


ネットショップ一覧

12345 (1 投票, 平均点: 4.00)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。