秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

美麗なスチルと人気声優のフルボイスに萌えまくり♪乙女ゲーの礎を築いた人気シリーズ第6弾

time 2016/07/09

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
美麗なスチルと人気声優のフルボイスに萌えまくり♪乙女ゲーの礎を築いた人気シリーズ第6弾

sponsored link

『遙かなる時空の中で6』概要

時は大正―― 終焉を予知された帝都東京で、運命の幕が上がる

“ネオロマンスシリーズ” 初のPS Vita用タイトルとして『遙かなる時空の中で6』が登場。漫画家・水野十子氏による美麗なスチルが特徴の今作の舞台は、レトロとモダン、和と西洋が入り混じる華やかな時代『大正』。主人公はある日、異世界の大正時代に時空移動をしてしまう。そこは、帝国軍と“鬼の一族”が対立する異世界の帝都東京だった。運命に翻弄される主人公と、そこで出会う様々な男性たちとの甘くドラマチックな物語が今始まる。

※Amazonより抜粋


『遙かなる時空の中で6』プレイレビュー

15周年目を迎える、遙かなる時空の中でシリーズ6作目…今回の舞台は、大正。
主人公である高塚梓(名前変更可能)はある日、祖母のお見舞いに行く途中、突然異世界の大正時代に時空移動をしてしまう。
そこは、帝国軍と“鬼の一族”が対立し陰謀渦巻く異世界の〈帝都〉東京だった。

シリーズを通して、イケメンに囲まれていますが、今作は今までと違い八葉として…と任務に駆られているわけではなく、それぞれがそれぞれの思いのままに、帝都東京のために…と生きているのが素晴らしく萌えます。

作品を通しての攻略ポイントはありますが、自由度も比較的高く戦闘システムもいままでとは違って頭を使えばレベル差があっても勝てるようになっています。

色々な伏線が張られており、EDにその伏線がするするーっと回収されていく様はもう圧巻の一言。
ストーリーも笑いあり、涙ありでしっかりと作りこまれています。
初心者さんはもちろん、熟練者さんでも楽しめる作品に仕上がっています。

良かった点

なんといってもフルボイス…しかも口もパクパク動く…
ED後の3Dボイスはイヤホン必須…!
まさに秀逸の一言に尽きます。

悪かった点

攻略対象キャラによってのストーリーの変化は微々たるもので、共通1~5章+キャラルート1章の全6章編成で、どのキャラルートでもストーリーに大差なく、少し飽きが来るかもしれませんが、既読スキップ機能や戦闘スキップ機能があるので対策はされていると思います。

感想 まとめ

シリーズ6作目ともなるとさすがに世界観もしっかりと作りこまれており、キャラクター一人一人も人間性に深みが出ているように感じられました。

私は、基本的に全キャラ+大団円ルートクリアを目的として全シリーズ・全タイトルプレイしていますが、過去作品だと恋愛対象外となってしまうキャラが数名いたのですが、この作品はどのキャラも素敵…!
モブキャラもうまく使っている印象です。

良くも悪くも主人公が現代の普通の女の子。
神子としての自覚もなく、また最初は「ただ帰りたい」としか思っていなかった子が、終盤になると「帝都のために、ここに住む人々のために」と、シリーズ通しての神子らしさが芽生えてくるのは胸が熱くなります。

 


 

管理人の雑感
オトコの娘アバター乙女ゲーというジャンルの礎を築いたと言っても過言ではない名作シリーズですね!(*´∀`)
美麗なスチルと人気声優のボイスで、目にも耳にも幸せなひとときをくれる良作ですよ♪(*´∀`*)


ネットショップ一覧

12345 (2 投票, 平均点: 5.00)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。