秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

立身出世してめざすは天下統一!「太閤立志伝」シリーズの第4作。

time 2017/06/13

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
立身出世してめざすは天下統一!「太閤立志伝」シリーズの第4作。

sponsored link

『太閤立志伝Ⅳ』概要

『太閤立志伝IV』(たいこうりっしでん・フォー)は、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたシミュレーションゲーム(同社はリコエイションゲームと呼称)。「太閤立志伝シリーズ」の第4作。

前作『III』から再びシステムを変更し本作からカード制を導入、自由度は『III』に較べて飛躍的に上昇し、秀吉のみならず600人(PS2版およびPSP版では650人)の武将でプレイ可能になった。

本作では主人公札以外にも技能、称号その他ほとんどのものがカード入手という形で表現され、さらに個人戦や野戦・攻城戦もカードバトルとなった(そのためカードを引く際に運が影響する部分が大きい)。

イベントに関しても、地方大名に関するイベントや関ヶ原の戦い・大坂の陣など織田家関連以外の歴史イベントも多数用意されている。

エンディングの種類も増加し、一部の主人公には専用エンディングが用意されている他、地方統一時や特殊な条件下での特殊なエンディングも存在する。正規エンディングもそれまでのプレイ内容によってその後の主人公の人生や統一後の日本の様子が語られるようになった。

※Wikipediaより抜粋


『太閤立志伝Ⅳ』プレイレビュー

下級武士から始まり、主君からの様々な仕事をこなして、全国統一するか又は最高位官職に叙任されることを目標とする。

良かった点

身分が上がっていくと、仕事を与える側になれる。
また、武士以外にも商人や忍者などの職業を極めることができ、武士以外のクリアも存在する。

悪かった点

ロードが長い。
ミニゲームの操作性が悪い。

感想 まとめ

「三国志」「信長の野望」などとは少し違うKOEIの名作シリーズ。非常に自由度が高く、やりこみ要素も充実。

太閤立志伝シリーズはこのⅣから、様々な武将でプレイできるようになったし、武士以外の職業でのクリアもあってそれは斬新なシステムだと思った。
総じてこれは秀逸なゲーム作品だと思うので、ぜひプレイしていただきたい。

 


 


管理人の雑感
オトコの娘アバター やはり一度くらいは天下を統一してみたいよね。◝(⁰▿⁰)◜
戦国シミュレーションといえば信長とか有名な武将が主役になりがちだけど、色々な武将や職業でプレイできる自由度の高さはいいね。ヾ(´▽`;)




ネットショップ一覧

 

12345 (1 投票, 平均点: 3.00)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。