秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

まさに「ドラクエ無双」!あの名作が一騎当千のアクションRPGになって登場!

time 2016/04/24

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
まさに「ドラクエ無双」!あの名作が一騎当千のアクションRPGになって登場!

sponsored link

『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城(PS4版)』概要

ドラゴンクエストシリーズの派生作品であり、シリーズとしては初のアクションRPG且つシリーズ初のCERO:B(12歳以上対象)作品となる。

本作の開発は『真・三國無双』をはじめとした無双シリーズを手がけるコーエーテクモゲームスのω-Forceが担当している。同社のシブサワ・コウは、本作は同シリーズの特徴である「一騎当千の爽快感」と、同開発チームの作品である『討鬼伝』の「大型モンスターとの攻防の醍醐味」という要素に、更に「新しい面白さ」を加えた作品になると語っている。

スピンオフ作品を除く「ドラゴンクエスト」の完全新規タイトルがPlayStationのプラットフォームで発売されるのは、『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』以来10年ぶりとなる。

※Wikipediaより抜粋


『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城(PS4版)』プレイレビュー

皆さんご存知、ドラゴンクエストシリーズの一貫であり、シリーズ初のアクションRPGです。
わかりやすくゲーム性を紹介すると、三國無双などの無双シリーズに分類されるものです。
従来のエンカウントして敵を倒すシステムと違い、操作キャラクターを動かし、動いている敵モンスターを倒していくものに本作はなっています。

また、PlayStationのプラットフォームで発売されるのはドラゴンクエスト8以来で、PS4独自の操作感とPS4のグラフィックを取り入れた新しいゲームになっています。

良かった点

このゲームの秀逸なところは、オリジナルの主人公二人を操作するのもそうなのですが、ドラクエシリーズに出てきた主人公などのキャラクターを自分で操作し闘うこともできることです。
各キャラクターによって必殺技の演出が違ったり、普段のドラクエの雰囲気を残しつつ爽快感のあるプレイができ、ドラクエファンの方はもちろん、それ以外の方でも気持ちよくプレイできるタイトルになっています。

また、新しいボスモンスターなど追加があるのですが、無料でアップデートすることができるので長く楽しめます。

悪かった点

完全ソロプレイだということです。
ボスモンスターとか仲間と協力して倒して、楽しみたかったですね!

また、2016年5月27日にこのゲームの続編になる「ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり」が発売になります。
続編では完全ソロプレイということもなく、友達と楽しめるゲームになっているそうです!

感想 まとめ

ドラクエシリーズ初のアクションRPGでいつもと違った世界観を醸し出すことができているゲームになっています。 
ドラクエ好きの方はもちろん、それ以外の方も新しいドラクエが遊べますので、ぜひ手に取ってプレイしてみてください。

 

管理人の雑感
オトコの娘アバター「無双シリーズ」として見るとまぁ正直こんなもんかな?というレベルで、「ドラクエ」としてみるとあまりにシナリオがショボすぎるので・・・個人的にはちょっと残念系だと思います(;´∀`)
続編でこのあたりをどう改善してくれるのか楽しみでもありますね(^_^;)


ネットショップ一覧

12345 (1 投票, 平均点: 3.00)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。