秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

魅力的なストーリー、個性豊かなキャラクター、これぞ新しい格闘ゲーム!

time 2016/01/27

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
魅力的なストーリー、個性豊かなキャラクター、これぞ新しい格闘ゲーム!

sponsored link

『BLAZBLUE』概要

『BLAZBLUE』(ブレイブルー)は、アークシステムワークス制作・エイエムアイ販売の2D対戦型格闘ゲームシリーズ。第一作目が2008年11月20日より全国のゲームセンターで稼働開始。
タイトルの「BLAZBLUE」とは、「ブレイブ(勇者)」「ブレイズ(炎)」「ブルー(青)」を掛け合わせた造語。本作のストーリーにおける重要な名称でもある。

業務用『GUILTY GEAR X』シリーズのスタッフが再集結して開発された対戦型格闘ゲーム。
Taito Type X2基板を使用した、2Dグラフィック格闘ゲームとしては初めて16:9のHD画質を使用した美麗なグラフィックが特徴。
主流は格闘ゲームだが、プロデューサー・モリトシミチは「BLAZBLUEの世界観を中核とした総合エンターテインメント作品」としており、格闘ゲームに興味を持たないユーザーにも、キャラクターやストーリーなどで世界観に興味を持ってもらえるように、というプロモーション形態を取っている。

※Wikipediaより抜粋


『BLAZBLUE』プレイレビュー

2D対戦型格闘ゲームで1VS1のガチバトルができる今作は、各キャラクターにそれぞれ「ドライブ」というものが存在するのもポイント。
このドライブを使用して、各キャラクターの個性を引き出し、白熱するバトル展開を生み出そう!

ドライブはボタンを押すだけでドライブ技が発動し、面倒なレバー入力せずに済むのでとっさの判断や状況で使い分けることが可能(もちろんコンボに組みこむことも)
ドライブの中にはドライブボタンを連打するだけでコンボになるキャラもいるので初心者にもオススメだ!

そして2D格闘ゲームでは初めて16:9のHD画質に対応!
その綺麗なグラフィックも見どころもあり、なかなかに秀逸な作品だ。

気になるストーリーは、人々は魔素(まそ)とよばれる有害物質に苦しめられ、住処を奪われていったところから物語が始まる。
魔素を浴び続けると人は長くは生きられない。
そこで人々は比較魔素の薄い高い標高、主に山の上などに住処を建て、生きながらえているのだ。
そんな世界観のため、隣町に移動するにもいちいち気球や飛行艇を使う場面が多々描写されている。
おそらく地上移動は生身では厳しいからだろう。

ところがこの作品の主人公は・・・なんとズカズカと地表移動で町を転々としているではないか!!
なぜ主人公は浴び続けたら死に至る魔素の中を移動できるのか?
そして町を転々としている理由は?
そもそも魔素って何?
数々の疑問は本編のストーリーモードで明かされる!
購入した際はぜひぜひストーリーモードもやってほしい、高い完成度のストーリーで筆者からもオススメするポイントだ!

良かった点

格闘ゲーム初心者にも安心してプレイできるように、全キャラにビギナーモードが存在し、キャラクターを選択する際にビギナーモードにしますか?と聞かれるのが良心的。
さきほどドライブボタンを押せばドライブ技が出せると書いたがこのビギナーモードではすべてのボタンが必殺技になり、ボタン一つとレバーの組み合わせで簡単に超必殺技もだせる!(レバーは上に倒すだけ、右に傾けるなど、その程度の操作しか要求されないので簡単だ)

もちろん通常モードも存在し、格ゲー経験者にも、満足のいく出来になっている。
実際に私もコンボ練習するためにアーケードコントローラーを購入するくらいハマっている…。
また、ネット環境さえ整っていれば全国のプレイヤーといつでも対戦できるのも格闘ゲームとしてはうれしいところである。

悪かった点

個性豊かなキャラクターとはいったがその総数は12体とやや少なめ、キャラクター選択の自由度は低いように思われる。
さらにストーリーに関しては、ワザワザ負けなければ達成率が上がっていかないという点もすこし面倒だった。
全キャラクターのストーリーを見るには全シナリオで起こるCPU戦を一戦ごとに負けなければならないのもストレスだった。
シリーズ化が決定していているのでシリーズを増すごとにキャラが増えていき、今後はキャラクターの選択の自由度が低いことが改善されるのを願うばかりだ。

感想 まとめ

格闘ゲームとしては、対戦以外のコンテンツが豊富で遊ぶ人を飽きさせない。
かつ格闘ゲームをやったことないプレイヤーの楽しめるような作りをしていると感じた。

 

管理人の雑感
オトコの娘アバター格ゲー以外の要素も楽しめるので、コアなファン以外もワクワクできるシステムが嬉しいですよね!(^^)!
全国のゲームセンターでもアーケード展開されているので、見かけたときはぜひチェックしてみてください(*´ω`)
今後もキャラのバリュエーションが増えて、自由度が高まっていくのを期待したいですね★


ネットショップ一覧

12345 (1 投票, 平均点: 1.00)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。