秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

オリジナルストーリーが魅力!大人気「無双」シリーズで大暴れしてストレスを解消しよう!

time 2015/12/25

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
オリジナルストーリーが魅力!大人気「無双」シリーズで大暴れしてストレスを解消しよう!

sponsored link

『真・三國無双3』概要

広大な中国領土を舞台に、三国志に登場した武将たちが死闘を繰り広げる3Dアクションゲーム。
今作は新武将作成モードが追加され、ステージも前作「2」の時の23から50に増え、有名戦場や有名なエピソードが数多く用意されている。

今作の「無双モード」は武将ごとの物語だった前作と違い、魏、呉、蜀の勢力ごとにシナリオが進む。ステージごとに武将を変更することもできるのが大きな特徴だ。
また、ステージは17ゾーン50ステージと多岐に分かれ、勝利条件もさまざまな課題が用意されている。
追加される新武将も通好みの渋い猛者や、孔明の妻と言われる発明家「月英」も登場する。

戦況も変化し多くの新兵器、巨大兵器の導入もあり、戦略を考えながらのバトルを余儀なくされる。
また数多くの武将を操り、三国志のエピソードを楽しむこともできれば、自分だけのオリジナルキャラを登場させ架空の対決も演出させることもできる。
さまざまな方法でぜひ中国を統一して欲しよう。

※Amazonより抜粋


『真・三國無双3』プレイレビュー

真・三國無双シリーズの三作目にあたり、PS2で発売された。
本作は前作からより多くの要素が追加され、攻撃アクションの追加・ストーリーモードのマルチエンディング採用・ストーリーモードの仕様変更・グラフィックの向上・新キャラクター追加・新しい成長システム・キャラクター作成などが盛り込まれた。

本作発売からしばらくした後に、最近のシリーズではすっかりお馴染みのEmpiresシリーズも登場した。
三国志の世界観をモチーフにした爽快感溢れる戦場を駆け巡るのがシリーズの魅力的な部分である。

良かった点

攻撃のアクションに幅が増え、敵を一気に追い込む事が出来る「チャージラッシュ」が追加され、敵武将達を連続攻撃で押すことが可能となった。
キャラクター毎に武器とモーション(一部は被っている部分もある)は異なるので、そのキャラクターの特徴に合わせて戦うのがシリーズのお約束みたいなものだが、チャージラッシュシステムが追加されたことにより手数が増えて、コンボを決める楽しさがより増した。(これもごく一部だが、ラッシュ出来ないキャラクターもいる)

このゲームの特徴としては、コンボ数を稼いだ状態で敵武将を撃破するとランクの高い成長アイテムをドロップするので今回追加されたシステムのお陰で高ランクアイテムを獲得しやすくなった。

そして、成長システムに追加された要素として、敵武将などを倒して経験値を獲得して武器レベルを上げていく仕様に変更された。
今までは武将を撃破してランダムで落とした武器を拾っていくものだったが、今作は敵を倒せば倒すほど成長していくという形になった。

前作までは何度も何度も高難易度で周回を繰り返して自分好みの武器が出るまでひたすら効率が良いステージを回す必要もあったが、今作では先に進めば経験値も増えるので自然と強さを実感出来るようになっている。

グラフィックの向上面に関しては、前作よりも滑らかな表現となっていて、キャラクター達の表情などがはっきりとしている。
ムービーシーンやイベントシーンでその進化を観ることが出来る。

今作辺りからキャラクターの性格が確立され始めているので、現在のシリーズへ繋がる部分も多々あって面白い。
新キャラクターは3人と非常に少なく感じてしまうが、内二人の性能は群を抜いて良いものとなっている。
初期から広範囲で周囲の敵を圧倒する能力を兼ね備えているので、初心者でも扱いやすいものとなっている。
そして新キャラクターが参戦したことにより合計42人の武将が参戦することとなった。
更にキャラクターの幅が広がり、新アクションも追加されたので、より自分の好きな武将を探す楽しみが増した。

ストーリーモードでは前作のように1人1人にスポットを当てるのではなく、勢力ごとに進行する形となったので、好きなタイミングで武将を切り替えて遊べたりする。
また一度その勢力をクリアし、各ステージで条件を満たすと外伝シナリオが出現し、隠しステージを楽しめる。
これはシリーズを通しても斬新であり、最新作にも似たようなシステムが導入されるようになった。

そしてマルチエンディングシステムも導入されたので、何度も周回する要素があり、やり込み要素も豊富である。

悪かった点

新システムのチャージラッシュのお陰でいろいろな武将が強化されたのに、「ロックオンシステム」というものが追加されてしまったせいで新要素が邪魔されている。
これは攻撃している最中にターゲットが勝手に決められてしまい、そのターゲットが倒れるかこちらの攻撃が中断されたりしない限りずっとその敵を追ってしまうのだ。
これにより周囲の敵をなぎ倒すのが難しくなったり、後ろがガラ空きになりその間にやられてしまうことが多々ある。

また敵兵の思考パターンが大幅に増加されすぎて、低難易度でもこちらの必殺技(無双乱舞)を全てガードされたり、ラッシュ中に横入りしてきてボコボコに殴ってくる。
これらのことがあり、自由度が増したはずだったアクションの魅力をそぎ落とし、ボタンを押してるだけでたくさんの敵をなぎ払う爽快感が失われてしまった。

ストーリーモードでは勢力ごとになったのはいいが、その時代に生きていないはずの武将などがステージに出てきたりするので、歴史が割りとめちゃくちゃである。
なので歴史好きで、三国志の世界を詳しく調べていたりした人にとっては非常に違和感を感じてしまう。
当時は登場する武将が少なかったから仕方ないとは思うが、それでも「え?こいつ今何歳だよ」と思ってしまうくらい長生きしているキャラもいる。

ステルス現象が起きやすく、急に敵兵が現れたり、前作よりも表示される敵兵が非常に少なく感じてしまうなどの細かい点も爽快感減少へと繋がっているのだが、今作はステージ中のイベントで後半はほぼ全て自軍が敗走しやすい士気低下イベントが大量にある。
自軍の士気ゲージが下がると味方武将の能力値が一気に下がるので次々と戦線を離脱し、味方総大将も雑兵に囲まれ即敗走なども多々ある。
なので自軍を気にしながら移動をし、お使いのような逆転イベントをこなさなくてはいけないので少々厄介である。

感想 まとめ

前作発売で一気に話題となり、その流れによって生まれたのが本作だが、最近シリーズで言えば5のように賛否が分かれる難しい作品であった。
進化した部分を上手く活かせなかった要素が足を引っ張り合っていてユーザーがそれに混乱してしまうのは非常に残念だった。

しかし無双シリーズ本来の面白さはしっかりと継承されているので、PS2シリーズでちょっと変わった雰囲気の無双をやりたい方にはオススメしたい。

適当にボタンを押して敵を多くなぎ倒すというよりは、如何にして自分の持っているスキルで敵を上手く圧倒するかを試せるので、クリアした時には達成感があるはずだ。

 

管理人の雑感
オトコの娘アバターこのシリーズは本格派アクションを楽しみたい人にもってこいな作品でもありますよね★
キャラが小さくなってしまったこともあり、前作からのファンは物足りなさを感じる場合もあるようですが、やりごたえのあるアクションは健在しているのでご安心ください(*´ω`)


ネットショップ一覧

12345 (1 投票, 平均点: 3.00)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。