秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

圧倒的なやりこみ度に脱帽!至上最凶のシミュレーションRPG!

time 2016/01/18

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
圧倒的なやりこみ度に脱帽!至上最凶のシミュレーションRPG!

sponsored link

『魔界戦記ディスガイア』概要

『魔界戦記ディスガイア』は、2003年1月30日に日本一ソフトウェアより発売されたPlayStation 2用シミュレーションロールプレイングゲーム。

『史上最凶やり込みシミュレーションRPG』と銘打つだけあり、一般的なSRPGと比べてやり込み要素が非常に多い。
通常100程度のレベルの最大値は9999であり、HPは4000万超、能力値は2000万超まで成長させることができる。

アイテムの収集から全ての技の修得、自由度の高いアイテム強化、パラメータ成長率が高い状態でレベル1から育て直せる転生システムなど、全てのやり込み要素を満たすには300時間以上のプレイ時間が必要と言われる。
議会の提案によって出現する隠しステージでは出現モンスターのレベルが1000を超えるものも存在し、アイテム個別にアイテム界と呼ばれるランダムダンジョンが存在するなど、「史上最凶やり込み」の名に相応しい作品となっている。

※Wikipediaより抜粋


『魔界戦記ディスガイア』プレイレビュー

勇者ではなく魔王が主人公の史上最凶やり込みシミュレーションRPG。
違和感なく感動できるストーリー展開もこの作品の醍醐味である。

良かった点

ドット絵で作られたゲームはもう珍しくなってしまい、それだけで価値があると思う。
やり込み要素を売りにしているだけあって、いくらでも続けることができるほど楽しい。
また、他のRPGでは見る事ができない、とんでもない桁数のステータスやダメージが見られるのは魅力的で爽快感を感じる。

悪かった点

しいて言えば、やり込み要素が売りなため、あまり時間が取れない人には向いていない。

感想 まとめ

大抵敵側である魔王が主人公というのが当時斬新で、ワクワクしたものだ。
ジョブが豊富で、色々なジョブを経て行けばモブキャラでも強くなるのもこの作品の大きな魅力。
また、アイテム界と呼ばれるところで鍛えた武器を装備することにより、気に入ったキャラをいくらでも強くできるなど、自由度がとても高い。

 

管理人の雑感
オトコの娘アバターキャラごとに違った技が見られるので、モブキャラにも思わず親しみがわいてしまいます(^_-)
まさかの「LV1000」になってしまったときの達成感はこの上ないものです(笑)
王道派なRPGに飽きた方にもオススメできるほどのぶっとんだノリが、飽きずにゲームを続けられる秘密だと思います(*´ω`)


ネットショップ一覧

12345 (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。