秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

システム面はまだまだ未熟、なれどシナリオは面白い!大人気「ペルソナ」シリーズの原点!

time 2017/08/08

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
システム面はまだまだ未熟、なれどシナリオは面白い!大人気「ペルソナ」シリーズの原点!

sponsored link

『女神異聞録ペルソナ』概要

『女神異聞録ペルソナ』は、1996年9月20日にアトラスより発売されたPlayStation用ゲームソフト。PS初の真・女神転生グループの作品であり、ペルソナシリーズの第1作でもある。

物語は序盤の主人公の行動で2つに分岐し、それぞれが大きく異なった内容となっている。本筋のシナリオは「セベク篇」、校内で起こったもう1つのシナリオは「雪の女王篇」と呼ばれる。雪の女王篇は隠しシナリオ扱いであり、発売当初は存在が伏せられていた。

1作目ということもあってか、時間のかかる戦闘やセーブポイントの少なさなどの欠点も指摘されており、これらの点は『ペルソナ2』で大きな変更・改善が施された。

ゲーム中では心理学におけるペルソナの説明がされているが、この作品での「ペルソナ」とは、神や悪魔の姿を取って現れる「もうひとつの人格」である。

「ペルソナ様」と呼ばれる儀式(イニシエーション)を行い、フィレモンの前で自分の名前を答えることができた者だけが行使できる特殊能力である。ペルソナを行使できる者は「ペルソナ使い」と呼ばれる。各ペルソナはタロットカードの大アルカナで分類されている。

本作のペルソナのデザインは従来の女神転生シリーズの悪魔のデザインを継承しているものもあるが、多くは完全に新規にデザインされており、ペルソナの名前どおり仮面をつけたデザインとなっている。

※Wikipediaより抜粋


『女神異聞録ペルソナ』プレイレビュー

女神転生シリーズが軌道に乗ってきた頃、悪魔や神話をモチーフとすることは変わらず、それでいて新たなシリーズとして女神異聞録ペルソナは発売された。

新たな名前を冠した通りシステム面・ストーリー共に女神転生とは大きく異なっている。

学園ジュヴィナイルといった世界観を持ち、戦闘においてはタイトル通り「ペルソナ」という存在を駆使して戦うRPGだ。
2Dフィールド、3Dダンジョンという点は過去の女神転生を踏襲している。

良かった点

まず本作についてはそれまでの女神転生における仲魔は存在せず、クラスメイトと共に冒険することがシリーズ作品に長年触れてきた身としては非常に斬新に思えた。

そして悪魔会話こそ存在するが、仲魔が存在しない。悪魔をカードに見立てそれを合体することで「ペルソナ」という憑依体を作り出し、それによって使える特技が魔法が変わったりする。
タロットカードをモチーフとした「ペルソナ」にはキャラ毎に相性があることもあって、どのタイミングで誰にどのペルソナを付けるかと悩むのがとても楽しかった。

ペルソナの特性によっては悪魔の魔法で一撃で葬り去られてしまう事も多々あり(これはアトラス系RPGのお約束的展開だが)、「こっちのペルソナにしとけば…」といったと思ったことは数知れない。

ストーリー面は非常に秀逸で、「ペルソナ」という設定を活かした濃厚なストーリーは、常に先が気になるものになっている。
基本的に一本道だが、学生キャラ同士の会話や成長していく様は見ていてとても心地の良いものだった。

そしてそのストーリーは実は2種類用意されており、一定の手順を踏むことでそのルートに入ることが出来る。
本線と全く違った攻略とストーリーであるが、そちらもまた非常に良く出来ていて、一本のソフトで実質二本遊べるのがよかった。

悪かった点

しかしその別ルートへの入り方が少々手間で、口コミや攻略サイト等での情報が必要だった。
あくまでオマケと考えるには勿体無いルートなので、ある程度のヒントは設けて欲しかったところだ。

また戦闘における経験値の入り方が少し独特で、キャラとペルソナそれぞれの経験値入手が別扱いとなっており、成長計画を立てるのが若干面倒になってしまっている。

そして非常に個人的な事情なのだが、フィールド地図が見づらかった。というか地図の出し方が最初分からなかった。
ゲーム内方向音痴を自負する私なのだが、初回プレイ時に最初の目的地に辿り着けず投げたという経験がある(後に友人に助けて貰った)

感想 まとめ

好評を得てペルソナシリーズはこの先も続いていくのだが、3Dダンジョンを採用しているのは本作のみである。以後の作品を遊んでいて新たにこちらを遊ぶ場合は注意が必要だ。

しかしシリーズ原点として学生たちが描く青春物語は見ていて非常に清々しく、女神転生特有のダークさを有しつつも、それとはまた違った体験が出来ることが新たなシリーズとして打ち出してきた「ペルソナ」シリーズ最大の功績だと思っている。

 


 


管理人の雑感
オトコの娘アバター PS時代のペルソナシリーズの1作目で、エンカウント率からとにかく鬼畜なゲームだね。(ノ`Д´)ノ彡
けど、のちのペルソナシリーズは劇場版や舞台化・アニメ化と様々な展開をしたけど、それも本作があったからこそと思えば許せちゃう。◝(⁰▿⁰)◜




ネットショップ一覧

 

12345 (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。