秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

一世を風靡したリズムゲームの元祖!この作品の大成功が音ゲーの未来を作った!

time 2017/07/25

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
一世を風靡したリズムゲームの元祖!この作品の大成功が音ゲーの未来を作った!

sponsored link

『パラッパラッパー』概要

『パラッパラッパー』 (PaRappa the Rapper) は、七音社によって制作され、1996年12月6日にソニー・コンピュータエンタテインメントが発売したプレイステーション向けゲームソフトのタイトル。

「音楽(リズム)に合わせてボタンを押すゲーム」の基礎を築いた、元祖リズムアクションゲーム。
世界で初めて『音楽ゲーム』で成功を収めた作品であり「音ゲーの始祖」とも呼ばれる。

その斬新かつシンプルなゲーム性と、ポップで明るいグラフィックが話題を呼び、子供から大人まで楽しめる作品として大ブレイクした。
本作は70か国以上で販売されており、国内累計出荷本数は148万本を記録。

プレイヤーは、主人公である「パラッパ」を操作し、画面に表示される指示通りにボタンを押して「ラップ」を行うことでゲームを進めていく。

ゲームの進行は各ステージの先生(敵キャラクター)とのラップバトル形式で行われ、先に先生による「お手本」が表示された後、続いてプレイヤーがラップに挑戦するという流れになっている。

※Wikipediaより抜粋


『パラッパラッパー』プレイレビュー

音楽に合わせてボタンを押すリズムゲームの礎を築いた作品。
音ゲーが発展した作品ともいえる。
当時は非常に斬新な作品というイメージ。

良かった点

ただ音楽に合わせて、ボタンを押すだけ。。。 これが面白いのかと思ったが、プレイすると、ハマってしまう。

キャラ「パラッパ」は見た目にも魅力があり、ラップという音楽も聞きなれないながらも、かなりおしゃれにでき秀逸。

なんといっても、毛糸の帽子とゆったりとした服をきて、ラップを歌い踊っている「パラッパ」。これがかわいくてかっこいいという何とも魅力的なキャラ。

悪かった点

音ゲーが一気に広まっていく最初の作品と言えるので当時としては、満足の出来。
単調に進んでいくのが気になるくらいで、特に悪い点は見当たらない。

感想 まとめ

それまでにほぼないと言っても過言ではない、音楽ゲームを流行らせた作品。

戦ったりなぞ解きをしたりなどとは全く違った世界観を持つこのゲームは、最初は本当に面白いか不安もあるが、プレイするとどんどんハマってしまう。
その後の様々な音ゲー・リズムゲー作品に影響を与えている名作。

 


 


管理人の雑感
オトコの娘アバター プレステ世代なら一度くらい聞いたことのあるくらい有名なゲームだね。◝(⁰▿⁰)◜
お手本通りにリズムを押していくというシンプルなルールと可愛い雰囲気で間口の広い作品だから、多くのユーザーの支持を得たんだろうね(´ε` )




ネットショップ一覧

 

12345 (1 投票, 平均点: 4.00)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。