秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

まさかのエンディングに全プレイヤーが思わず唖然、老舗メーカーの迷作爆誕!?

time 2017/05/24

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
まさかのエンディングに全プレイヤーが思わず唖然、老舗メーカーの迷作爆誕!?

sponsored link

『君が呼ぶ、メギドの丘で』概要

かつて神によって仕掛けられた破滅の運命から世界を救うため、世界の創造主であったアダマン(創世記のアダムに相当)の子孫である主人公が、その世界を司る悪魔三柱とともに破滅の元凶と戦うために旅をする。

※Wikipediaより抜粋


『君が呼ぶ、メギドの丘で』プレイレビュー

SLGとしては「うたわれるもの」、ADVとしては「To Heart」と実績十分な葉っぱこと「Leaf」が作ったRPG。
萌えゲーの礎を築いたメーカーなのでイラストは相変わらず秀逸。
ただし、本作は地雷という評価なので要注意。

良かった点

RPGとして40時間くらい遊べるボリュームはとても良い。
移動が面倒とか戦闘がうざいとか言われてるがドラクエ3やファンタシースター2で訓練されたおかげなのか全然苦にならなかった。

キャラクターもホントに魅力的(主人公を除く)で、育てて強くしていく過程が本作の醍醐味。

悪かった点

最後の結末が、ダメというか唖然としてしまった。「えっと…じゃあこれまでの僕らの旅は前振りだったの?」という投げっぱなしエンド。
主人公がヘタレなのは公式のキャラ紹介でも触れられているので許容範囲だけど、問題を解決しないままエンディング、からの後の世で誰かが世界救いましたと言われても「ハァ!?」となってしまう。

感想 まとめ

のちに「ホワイトアルバム2」や同系列のアクアプラスが「うたわれるもの 二人の白皇」「ダンジョントラベラーズ2」といった名作を生み出した為、忘れがちではあるが名作の裏では本作のような地雷があった事を忘れてはいけない。

 


 


管理人の雑感
オトコの娘アバターどんな老舗メーカーでも常にヒット作が作れるわけじゃないっていう教訓は、なんだか身の回りの色々な物事にも当てはまりそうな気がして深い話だよね(・∀・)


 

 

12345 (1 投票, 平均点: 2.00)
読み込み中...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。