秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

エロ要素の薄さがむしろ長所!?インテリな絵本感覚で楽しめる18禁ゲー

time 2016/03/02

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
エロ要素の薄さがむしろ長所!?インテリな絵本感覚で楽しめる18禁ゲー

sponsored link

『赫炎のインガノック ~What a beautiful people~』概要

『赫炎のインガノック -what a beautiful people-』(せきえんのインガノック ホワット ア ビューティフル ピープル)は、2007年11月22日にライアーソフトから発売されたアダルトゲーム。

10年前。
《復活》と呼ばれる原因不明の災厄により、全てが捻じ曲げられ、異形と化した都市『インガノック』。
かつてこの世の理想郷たる完全環境都市(アーコロジー)を目指したそこは、今では外界と隔絶され、都市存続を唯一至上の目的とする非情な法律と、現出したお伽噺の住人、神話の怪物達が跋扈し、奇病業病が蔓延する地獄の様相を呈していた。

そんな中。
人々に変人と罵られながらも、弱者撲滅を謳う都市法に抗い、手を差し伸べ続ける巡回医師ギー。
彼は《復活》後の都市で独自に生み出された魔法にも似た超技術『現象数式(クラック)』を操る、『違法数式医(イリーガル=クラッキング・ドク)』だった。

溢れる“死”に感情を凍てつかせ、己の身を省みず手を差し伸べても、零れ落ちていく命達。
もはや使命感か義務感か、己を衝き動かすものの正体さえ掴み切れはしない。
そしてまた、ギーも自身に芽生え始めた狂気を自覚していた。

※Wikipediaより抜粋


『赫炎のインガノック ~What a beautiful people~』プレイレビュー

ライアーソフトのスチームパンクシリーズの第2弾。今回から第1弾よりもガラッと雰囲気を変え、独特な世界観を確立した。

10年前謎の災厄<<復活>>により異形都市となったインガノック。
今では外界と隔絶され、非常な法律がなされており、都市にはおとぎ話の住人のようないきもの、奇病が蔓延していた。

そんな中、変人と言われながらも魔法にも似た技術を用いて弱者に手を差し伸べている巡回医師をしている主人公のギー。
ある日、1人の少女キーアに出会い、都市の運命さえも少しずつ変わっていっていく。
その果てにあるものは……

良かった点

特徴的な文体と、他にはないグラフィックの良さが魅力。
1章ごとにちょっとしたゲーム的なものがあり、それを上手くやることで正解の選択肢が出るようになる。
そのゲームに失敗した場合のバッドエンドを除くと一本道のシナリオとなっている。
また、キャラクターがとても魅力的であり、それぞれの葛藤だったり思惑が交差していく様が秀逸。

悪かった点

テンポが若干悪く、淡々としているので、飽きやすい人には少しきついかもしれない。

感想 まとめ

ラストの展開はとても素晴らしく、どうなっていくのかとワクワクするだろう。
主題歌やBGMも世界観によくマッチしていており、雰囲気のいいゲームとなっているので、「この雰囲気が好きだ」と思ったのならプレイして損はないだろう。

 


 

管理人の雑感
オトコの娘アバターただのエロゲーにとどまっておらず、「インテリな絵本」という感じなので、この独特の世界観が好みなら特にオススメです(∩´∀`)∩
Hシーンが薄めなので、エロゲーとしてだけでなく、単純に読み物として楽しみたい方もぜひプレイしてみてくださいね!


12345 (1 投票, 平均点: 3.00)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。