秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

シリーズ初の携帯機!名作アクションアドベンチャーがゲームボーイに登場!

time 2018/03/09

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
シリーズ初の携帯機!名作アクションアドベンチャーがゲームボーイに登場!

sponsored link

『ゼルダの伝説 夢をみる島』概要

『ゼルダの伝説 夢をみる島』は、任天堂から1993年6月6日に発売されたゲームボーイ用アクションアドベンチャーゲーム。

日本において、ゼルダの伝説シリーズ初となる携帯型ゲーム機向けの作品。基本システムは初代『ゼルダの伝説』に類似している。

本作の物語は、1991年発売の前作『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の後日譚にあたる。作中では、他の任天堂ソフトのキャラクターが多数登場している。

※Wikipediaより抜粋


『ゼルダの伝説 夢をみる島』プレイレビュー

8つのダンジョンの奥に隠されたセイレーンの楽器を集め、風のさかなを目覚めさせてコホリント島から脱出することを目的としたアクションアドベンチャーゲームです。

このゲームはSFCの「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」の続編となっています。

良かった点

ダッシュとジャンプができるところです。ファミコン版の時はこれらのアクションを行うことはできませんでしたが、この作品では途中からそういった役割のあるアイテムを入手することでできるようになります。

これのおかげで崖の回避や追ってくる敵から走って逃げるといった秀逸なことができるようになりました。これらのアイテムを掛け合わせることで助走しながらジャンプというアクションを行うことも可能です。

悪かった点

パワーアップしないと剣からビームが出ないところです。ファミコン版の時はゲームを始めた時からできましたが、この作品では特定のアイテムを集めてからでないとできません。それの影響で最初のうちは遠くにいる敵は接近しないと倒せません。

剣からビームが出るのはパワーアップ後にしたのは斬新でいいと思いますが、これだと先制攻撃されてダメージを受けてしまうのでそのシステムは初めから使えるようにして欲しかったです。

感想 まとめ

他の機種で発売されたゲームとストーリーが繋がっているのはかなり珍しいと思いました。それからアイテムを入手することで行えるアクションが増えるところに魅力を感じました。

ゼルダシリーズが好きという人におすすめします。

 


 


管理人の雑感
オトコの娘アバター 大人気作品ゼルダシリーズのゲームボーイ作品だね。( ゚∀゚)ノ
今作でも新要素を加えたように、これまで様々なシステムの改善をしてきた事で、今なお愛されるシリーズ作品に成長したよね。ヾ(´▽`;)




ネットショップ一覧

 

12345 (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。