秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

この冒険感こそゼルダの醍醐味!SFC時代の名作中の名作として幅広く愛される傑作!

time 2017/11/14

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
この冒険感こそゼルダの醍醐味!SFC時代の名作中の名作として幅広く愛される傑作!

sponsored link

『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』概要

『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』は、1991年11月21日に任天堂から発売されたスーパーファミコン用ゲームソフト。略称は「神トラ」など。公式なジャンルはアクションアドベンチャーゲームだが、アクションロールプレイングゲームと見なされる事もある。

前作『リンクの冒険』から約5年ぶりとなるゼルダの伝説シリーズの新作。スーパーファミコン本体の発売からちょうど1年後の1991年11月21日に発売された。

今作では広大な2つの世界を行き来しながら冒険を進める。ダンジョン内には高低差があり、複数の階層によって構成されている。作中では「マスターソード」「ビン」など、後のシリーズで定番となるアイテムが登場する。

大幅なシステム変更が行われたシリーズ前作の『リンクの冒険』とは異なり、基本的なシステムは1作目『ゼルダの伝説』を踏襲している。

アクション部分では、これまでの物を押す動作以外にも、引っ張る、担ぐ、投げるといった動作が可能となった。これらは多目的ボタン一つでその場に応じて実行できる。

※Wikipediaより抜粋


『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』プレイレビュー

スーパーファミコンのソフトというのは非常に名作が多く、その為、スーパーファミコンミニが発表されたときの反響はとても大きかったですね。

神々のトライフォースはそんな名作の中でも突出した名作中の名作です。

良かった点

このゲームが出た時、ゼルダの伝説のブランドは完全に確立されたと思います。

その世界観、グラフィック、音楽、アクションゲームとしての操作性、ドラマチックでわかりやすいシナリオ。何度やっても飽きることがない。

ディスクシステムのリンクの冒険が発売して数年で、よくもまーこんなものを作れたなと思います。

悪かった点

特にありません。敢えて言うなら仲間とか引き連れられてもよかったかな。
でも、それも敢えていうならであって、蛇足のようにも思えます。

感想 まとめ

ゼルダの伝説の伝説(笑)は、最新の技術を見事に取り込んで今も続いています。

この流れがずっと続いてほしいものです。

 


 


管理人の雑感
オトコの娘アバター もはや説明不要なくらい有名なゼルダの伝説シリーズの名作だね。( ゚∀゚)ノ
この作品のおかげで現在までのゼルダがあるといっても過言じゃないくらい多くのユーザーに愛されてる作品だよね。ヾ(´▽`;)




ネットショップ一覧

 

12345 (まだ評価されていません)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。