秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

アーケードの大迫力を忠実に家庭用に移植!後にシリーズ化した、人気キャラ達が夢の共演な格闘ゲーム!

time 2018/05/16

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
アーケードの大迫力を忠実に家庭用に移植!後にシリーズ化した、人気キャラ達が夢の共演な格闘ゲーム!

sponsored link

『X-MEN VS. STREET FIGHTER』概要

『エックスメン VS. ストリートファイター』(X-MEN VS. STREET FIGHTER)はカプコンが1996年9月にアーケードゲーム(CPS-2基板)として発売した2D対戦型格闘ゲーム。

マーベル・コミックの代表作『X-MEN』の登場キャラクターと、カプコンの代表作『ストリートファイター』(主に『ストリートファイターZERO』)シリーズのキャラクターが共闘した初の作品。

本作では『X-MEN』および『ストリートファイター』シリーズの登場人物から2人を選び、タッグ戦形式で相手のチームと1本勝負で戦う。

タッグ戦による複数のキャラクターを交代させて戦うシステムが導入されており、それがゲームの最大の特徴となっている。VS.マーヴル シリーズの嚆矢となった本作のこのゲームシステムは、以降続くシリーズに踏襲され、さらに発展していく。

1997年11月27日に4メガ拡張RAM専用ソフト第1弾としてセガサターン用ソフトとして移植された。

初期は4M拡張RAMカートリッジ同梱。後にソフト単体版も発売。キャラクターのカラー追加や、同キャラクター同士のタッグが正式に組めるようになるなど、家庭用独自のアレンジが施されている。

※Wikipediaより抜粋


『X-MEN VS. STREET FIGHTER』プレイレビュー

カプコンのストリートファイターとマーべルのX-MENのキャラクター達がコラボした2D格闘ゲーム。拡張RAMを使うことでアーケードからの忠実な移植を実現した。

良かった点

ストリートファイターの緻密なコンボ、X-MENの爽快で大迫力な技など、どちらの特徴を上手く取り入れて、どちらにも無い斬新なシステムを開拓した。

これにより、コンボを決めつつド派手な大技でフィニッシュという爽快感が楽しめる作品になった。

また、タッグマッチのシステムを導入する事により様々なキャラを組ませる事で戦略の幅も広がり自由度の高くなったのも良かった。

悪かった点

拡張RAMが時々読み込まない不具合があった。これはサターン自体の問題という説もあるので一概に何ともいえないが…。

感想 まとめ

アーケード作品をよくここまでちゃんと移植できたなと、当時多くの格ゲーファンが唸った作品。

後にVSシリーズとして様々な機種で続編が製作されたが、基本的には本作のシステムを踏襲しており、本作の完成度の高さがうかがい知れる。

 


 


管理人の雑感
オトコの娘アバター ストリートファイターとX-MENのキャラがコラボしたサターンの格闘ゲームだね。◝(⁰▿⁰)◜
アーケードからの移植となると劣化しがちだけど、サターンの拡張RAMを使うもののしっかり移植してくれたのはとってもいいね!ヾ(´▽`;)




ネットショップ一覧

 

12345 (まだ評価されていません)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。