秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

時代を先取りした3Dシューティング!やりたい事に対してハードの性能とインターフェースが追いついてない惜しい作品!

time 2017/07/12

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
時代を先取りした3Dシューティング!やりたい事に対してハードの性能とインターフェースが追いついてない惜しい作品!

sponsored link

『スターラスター』概要

『スターラスター』は、1985年12月にナムコ(後のバンダイナムコゲームス)が発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフト。

「ナムコット ファミリーコンピュータゲームシリーズ」第12弾、ナムコ初のファミリーコンピュータオリジナル作品である。

1人称視点の擬似3D視点で敵を撃破するシューティングゲームと、戦域に同時に侵攻する複数の敵を、阻止・撃退するためのストラテジーゲームの要素とが、リアルタイム進行する点が特徴。

その双方への同時対処をプレイヤーに求める、当時としては画期的なゲームシステムを持つ。

しかし、画期的過ぎて、難易度の高いゲームシステム、コンバットディスプレイの見方やアドベンチャーモードにおけるゲーム進行など、事前に説明されなければ判らない、もしくは判りづらい要素がマニュアルにほとんど記載されていなかった。

加えて当時のファミコンの主要ユーザーであった小学生には複雑すぎるゲームシステムだったため、人気・販売とも振るわなかった。

※Wikipediaより抜粋


『スターラスター』プレイレビュー

戦闘シューティングゲームですが、それまでと全く違った視点でプレイできる3Dシューティング、しかもリアルタイムで戦況もかわるという新しい要素が入った作品。

良かった点

戦闘機の操縦席からの視点が斬新だった。
レーダーに映る敵機、画面の遠くから見えてくる敵機。それまでになかった視点で敵を追うのが良かった。

悪かった点

リアルタイムで戦況が変わり、次々に情報が画面上に現れるが、それが英語で見慣れない単語が多かったので、なにが起きているかわかりづらかった。

レーダーを見て、敵を追うというのが醍醐味なのに、その特有の表示に慣れるのが大変なのは本末転倒に感じた。

感想 まとめ

画面の構成、システムは新しくワクワクできたが、実際の操作が難しくなかなか敵機も見つけることができない場面が多かった。

今であれば当たり前の3D画面ではあるが当時は珍しく、もう少しなんとかすればかなりの良ゲーになると思った。
世に出るのが早すぎた一本と言える。

 


 


管理人の雑感
オトコの娘アバター 一見、エースコンバットかなと思う3Dシューティングがファミコン時代にあったのは驚き!( ゚∀゚)ノ
でも確かにファミコンの少ない情報で敵を把握して撃墜するのは難しそう。(´ε` )




ネットショップ一覧

 

12345 (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。