秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

サターン初のスパロボには賛否両論!難易度の高いステージの果てに見たものとは!

time 2018/08/27

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
サターン初のスパロボには賛否両論!難易度の高いステージの果てに見たものとは!

sponsored link

『スーパーロボット大戦F』概要

『スーパーロボット大戦F』、『スーパーロボット大戦F完結編』は、バンプレストから発売されたシミュレーションRPG。

SDで表現されたロボットたちが競演するクロスオーバー作品「スーパーロボット大戦シリーズ」の一作。シリーズカテゴリの一つである「DC戦争シリーズ」の第4作目にして最終作『第4次スーパーロボット大戦』のリメイク作品である。

しかし参戦作品が多数入れ替えられたことや、シナリオにかなりの手直しが入っているため、実質上は新規作品に近い。

本作は、開発が難航した上にボリュームが1本のソフトに収まらなかったことから、前編に当たる『スーパーロボット大戦F』と後編に当たる『スーパーロボット大戦F完結編』の2本に分けて発売された。

タイトルのFの文字は『第4次』のリメイクを意味するFourthと『第5次』を意味するFifth、シリーズの完結編を意味するFinalの頭文字とされる。

※Wikipediaより抜粋


『スーパーロボット大戦F』プレイレビュー

サターン初のスパロボ作品。第4次のリメイクとされているが、シナリオやボリュームが格段に増えてもはや別作品となっている。数多くの作品がクロスオーバーして戦うシミュレーション。

良かった点

本作は戦闘がフルボイスのため、それぞれのキャラの魅力がより引き出されていた。今でこそボイスがつくのはあたりまえだが当時としては斬新だった。

また、ステージの難易度も高くシミュレーションとしてのやり応えがあった。どのような編成でクリアを目指すかという采配の自由度があり、勝敗に直結していた。

悪かった点

スパロボといえば、色々なキャラ達が活躍して好きなキャラを育てたりする醍醐味があるのだが、本作に限っては強いキャラを育てないと詰む場面がある。クリスやバーニィを育てても役に立たない。

また、1ステージを攻略するのに相当の時間がかかり、全クリアには根気が必要となる。それでいて本作は完結せず結末は次作へ持ち越しという展開に当時のプレイヤーは愕然とした。

感想 まとめ

とはいえ、シミュレーションとは元々難易度が高く、コツコツクリアを目指すもの。本作が発売された1998年当時はまだエヴァやガンダムWなどは新しくそれらを使ってマップ攻略するのは楽しかった。

しかし、硬派な難易度設定で好きなキャラより強いキャラを優先しないといけない点は、色々なキャラが登場するスパロボの魅力を十分に活かせない仕様であった。

 


 


管理人の雑感
オトコの娘アバター 高い難易度で知られるサターンのスパロボシリーズの1作目だね。( ゚∀゚)ノ
本作のような硬派な仕様では挫折するユーザーも多かったから、最近では誰でも楽しめるようスパロボ自体も変化してきてるよね。◝(⁰▿⁰)◜




ネットショップ一覧

 

12345 (まだ評価されていません)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。