秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

戦闘と音声が非常に残念!人気漫画が原作なだけに、ファンからの期待に応えきれず…。

time 2018/04/23

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
戦闘と音声が非常に残念!人気漫画が原作なだけに、ファンからの期待に応えきれず…。

sponsored link

『らんま1/2 白蘭愛歌』概要

『らんま1/2 白蘭愛歌』は日本コンピュータシステムから発売されたメガCD用のアドベンチャーゲームである。

同社のゲーム『らんま1/2 とらわれの花嫁』(1991年)と同様、完全オリジナルストーリーで展開される。フルボイス作品。コマンド選択によるアドベンチャーパートと、ジャンケン方式で展開される格闘パートがある。

アドベンチャーパートは普通にプレイしていても詰まるような所もなくデジタルコミックに近いが、格闘パートは動体視力が必要になるため、負けるとやり直しとなり先には進めない。

一旦中断した続きをプレイするには、セーブ方式では無くパスワード方式によるものになっている。ゲームオーバーになったり特定のシーンの「パスワード」のコマンドで確認できる。

『とらわれの花嫁』と比べアニメーションが多彩になっているが、音声がメガドライブ特有のノイズ混じりのものになってしまっている。

※Wikipediaより抜粋


『らんま1/2 白蘭愛歌』プレイレビュー

ファミコンの頃から様々なソフトを手掛けたメサイヤが製作した人気漫画「らんま1/2」を原作としたアドベンチャーゲーム。ゲームとしてオリジナルのシナリオを採用している。

良かった点

ゲームならではのオリジナルのストーリーなのは良かった。漫画原作だと、原作追従のシナリオを採用するゲームも多い中、ファンでも先の展開を知らない物語が見れて楽しめた。

らんまといえばOP曲が秀逸なものが多い印象で、本ゲームのOP楽曲の出来も良かった。

悪かった点

戦闘が単調だった。らんまの醍醐味の一つといえば駆け引きのある格闘シーンだと思うのだが、本作はじゃんけん方式でのコマンド選択で、淡白な仕上がりになってしまった。

また、メガCDなのに音質が悪いのはどうした事か。ハードのスペックを十分に活かしてクリアな音声にする事で、魅力的なキャラ達を表現できたと思うと残念。

感想 まとめ

同じメガCDの高橋留美子作品でもゲームアーツが製作した「うる星やつら」は、ファン目線で細かな所まで作りこまれていただけに、本作の残念さが際立つ結果となった。

原作の世界観をもっと取り入れて、ファンが原作のどの部分に魅力を感じているかを把握し、そこの点に力を注いで欲しかった。

 


 


管理人の雑感
オトコの娘アバター メサイヤが製作した漫画原作のアドベンチャーだね。( ゚∀゚)ノ
根強い人気がある人気漫画のゲーム化については今でも度々議論が起きるテーマで、漫画とゲームのバランスをとるのが難しいよね。(´ε` )




ネットショップ一覧

 

12345 (まだ評価されていません)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。