秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

サターンの名作アクションRPG!美麗なドット絵で独自の世界観を構築!

time 2017/06/13

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
サターンの名作アクションRPG!美麗なドット絵で独自の世界観を構築!

sponsored link

『プリンセスクラウン』概要

『プリンセスクラウン』(Princess Crown、略称プリクラ)は、1997年12月11日に発売されたセガサターン用のアクションロールプレイングゲーム。
セガ(後のセガゲームス)とアトラスが共同開発した。

セガサターン中期を代表するアクションRPG。
モーフィングシステムやスプライト機能を用いてキャラの動きを多関節に分解して動すなどの技術を駆使し、非常に豊かな動作を表現している。

敵と遭遇した際には、移動画面からそのまま画面を切り替えることなく、対戦型格闘ゲームのような戦闘シーンへ突入する(シームレス)のが特徴となっている。
しかし、戦闘シーンでは対戦型格闘ゲームのような煩雑なキー入力は必要ない。
物語の途中からお供キャラがたまに戦闘の手助けをするようになる。

物語は、祖母が孫娘に「剣と魔法の世界」の童話を読み聞かせるという体裁をとっており、主人公・グラドリエルをはじめ、4人のキャラクターを主軸としたそれぞれの物語をプレイすることが出来る。

※Wikipediaより抜粋


『プリンセスクラウン』プレイレビュー

古くは「女神転生」、近年では「世界樹の迷宮」「ペルソナ」などで有名な老舗メーカーアトラスが製作した作品。
サターンのアクションRPGの名作。

良かった点

ドット絵ながらキャラクターの細かな動きまで表現していて秀逸。
剣と魔法の世界観を美麗なドット絵の魅力的なキャラを操作して旅をするのはとても楽しい。

敵とエンカウントすると格ゲーのようなコマンド入力形式でバトルが始まるが、コンボが決まると爽快。

悪かった点

初見殺し系の敵がいて、ちゃんと進めていれば大丈夫だが、読み飛ばしたりしてると引っかかる。
また複数のキャラを操作して進めていくのだが、使いづらいキャラがいてアクションが苦手だと難しいかも。

感想 まとめ

サターンの名作といえば必ずと言っていいほど名前が挙がる本作。
本作のドット絵を活かしたアクションはのちの「オーディンスフィア」「朧村正」の原点となっており、アクションRPGとして確立されている。

 


 


管理人の雑感
オトコの娘アバター 剣と魔法の世界で王女が魔王を倒すって王道一直線のストーリーっていいよね。( ゚∀゚)ノ
ゲーム機本体がどんなに進化しても、ドット絵ってなんか魅力的だよね。ヾ(´▽`;)




ネットショップ一覧

 

12345 (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。