秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

サウンドノベルというジャンルの原点!後に有名メーカーに成長したチュンソフトの処女作!

time 2017/07/31

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
サウンドノベルというジャンルの原点!後に有名メーカーに成長したチュンソフトの処女作!

sponsored link

『弟切草』概要

『弟切草』は、チュンソフトより発売されたゲームソフト。本作品はチュンソフトの自社ブランドの処女作であると同時に、同社が打ち立てたサウンドノベルシリーズの第一作でもある。

実在する同名の植物、オトギリソウをモチーフに描かれるホラータッチのストーリーは、ほぼ同じシークエンスで構成される10数本のストーリーから成り立つ。

どのストーリーも選択肢によって別のストーリーに移動することがあるが、各ストーリー毎に登場人物の役割や真相が異なっている。

周回を重ねて選択肢が増えていくにつれ整合性が取れなくなることも多くなるが、登場人物が整合性の破綻具合を笑い飛ばすシーンなど、ゲームという表現方法を生かした作りとなっている。

また、一定の到達度で達成するピンクの栞の写真をチュンソフトに送ると同人誌がプレゼントされるキャンペーンが存在した。

※Wikipediaより抜粋


『弟切草』プレイレビュー

サウンドノベルというゲームジャンルがこのゲームにより始まったと思われます。
チュンソフトの次回作「かまいたちの夜」は本作の経験が十分に活かされ、サウンドノベルというジャンルを確立させました。

良かった点

当時サウンドノベルというゲームは無いといって等しく、このゲームが出た当初も「文章をテレビで読んで何が楽しいのか」という意見が多かったように思います。
今にして思えば、あまりにも革新的なジャンルで、その面白さを想像できなかったのだなと反省しています。

ストーリーはオカルト要素が主で、非常に実験的なゲームに仕上がっています。

悪かった点

ジャンルも革新的で、実験的な部分も多い、ストーリーもオカルト色が強い、という事で決して一般受けするものではないように思います。

感想 まとめ

この作品の登場によって、サウンドノベルシリーズは多くの名作、良作が生み出されていきます。
元祖を楽しみたいという方はオススメです。

 


 


管理人の雑感
オトコの娘アバター 主人公=プレイヤーとして読み進めていくサウンドノベルの原点だね。( ゚∀゚)ノ
「かまいたちの夜」でもあったお遊び要素のピンクのしおりは本作からの伝統!ヾ(´▽`;)




ネットショップ一覧

 

12345 (2 投票, 平均点: 5.00)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。