秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

3段階のレベルチョイスが可能!日本一売れた麻雀ゲームの元祖!

time 2016/03/25

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
3段階のレベルチョイスが可能!日本一売れた麻雀ゲームの元祖!

sponsored link

『麻雀』概要

『麻雀』(マージャン)は、任天堂より発売されたゲームソフト。
1983年8月27日にファミリーコンピュータ用としては初の麻雀ゲームとして発売された。当初は3800円だったが、後に4500円に値上がりされている。
その後、1986年2月21日にディスクシステム用としても同内容で発売された。
2001年12月14日発売のどうぶつの森+ではゲーム内で遊ぶことができる。

ファミリーコンピュータ初期の作品であり、日本で一番売れた麻雀パッケージソフトでもある。
当時多くの子供が親(主に父親)にゲームをねだる際に「麻雀もできる」ということを常套句として用いたと言われており、それが後押しになったと思われる。

※Wikipediaより抜粋


『麻雀』プレイレビュー

任天堂からファミリーコンピュータで発売された麻雀ゲームです。
シンプルな2人麻雀ができるのも当時、この作品の大きな魅力でした。

良かった点

今のゲームに比べると当たり前ですがとにかくシンプルです。
キャラクター性やボイス等がなく、とにかく麻雀が楽しみたいという人向けであるということが、このゲームの醍醐味と言えます。
難易度は3段階から選べるので自分のレベルにあった麻雀が楽しめます。

悪かった点

当時の技術からしてみれば、文句のつけようは無いと思います。
強いて言えば、4人対局ができないことぐらいでしょうか。
複数人数でプレイできる今の麻雀ゲームに慣れていると、少し物足りなさを感じるかもしれません。

感想 まとめ

当時はテレビゲームやパソコンゲームが普及していなかったので、やりこんだお父さんは多いのではないでしょうか。
今でも探せば中古のゲームショップでも見かけることができるのでぜひ発掘してみてくださいね!

 


 

管理人の雑感
オトコの娘アバタータイトル同様に中身もシンプルなこの作品は、本格的な麻雀が楽しめます(*´ω`)
あらかじめ麻雀の知識がない方だと少々辛いかもしれませんが、発売当時はコレでもかなり凄かったんですよ!ww


ネットショップ一覧

12345 (1 投票, 平均点: 3.00)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。