秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

ファミコン初の横スクロールゲーム!パズル要素も盛り込まれた名作アクション!

time 2017/12/20

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
ファミコン初の横スクロールゲーム!パズル要素も盛り込まれた名作アクション!

sponsored link

『ロードランナー』概要

『ロードランナー』は、ダグラス・E・スミスにより考案され、ブローダーバンドから1983年に発売されたアクションパズルゲーム。

日本では、ハドソンがファミリーコンピュータ用に移植したものが特に知名度が高い。ファミコン初のサードパーティー製ソフトとして語られる事も多いが、実際には『ナッツ&ミルク』の方が3日早く発売されている。

またファミコン初のスクロール画面(横)を備えたゲームでもある。ファミコン版では低年齢層への配慮もありキャラクターサイズを大きくしたため1画面に表示し切れず、Apple版とは異なる画面構成(横28×縦13サイズ)になったうえ、左右スクロールが採用されることとなった。

ゲームの目的はステージ内にある金塊を敵に捕まらずに回収し脱出すること。主人公(プレイヤーキャラクター)は穴を掘るためのレーザーガンを装備しており、床に穴をあけて下の階層に移動したり、掘った穴に敵を落としたりして障害をクリアしていく。

アクションゲームにして、パズル性も兼ね備えている。

※Wikipediaより抜粋


『ロードランナー』プレイレビュー

追ってくる敵から逃げながらステージ内にある金塊を全て回収して脱出することを目的としたアクションパズルゲームです。

良かった点

敵から逃げる手段が沢山あるところです。用意されている手段は自機の穴掘り能力、ステージ内にあるハシゴやバーです。

穴掘りは自機が立っているすぐ隣の床を掘り、そこに敵を落として一定時間動きを止めることができ、ハシゴやバーは近くにあればそれを伝って上の階または別の床に移動できるという秀逸なものです。

この当時のゲームでこんなに沢山手段が用意されているのは斬新だなと思いました。

悪かった点

敵が1種類しかいないところです。このゲームに出てくる敵は頭と腕と足が白いキャラで自機と同じ動きをします(穴を掘ることはできない)。敵はこのキャラのみでステージを進めても出現数が増えるだけです。

これだと、敵の動きのパターンが把握できて後半になっても難なくクリアできてしまうので、白いキャラとは別の動きをする敵をせめて1種類だけでも入れて欲しかったです。

感想 まとめ

アクションゲームにパズルゲームの要素を入れたものは当時かなり珍しいなと思いました。それとどのステージもレンガとハシゴとバーという構成になっているのが独特な世界観だなと感じました。

アクションゲームやパズルゲームが好きという人におすすめします。

 


 


管理人の雑感
オトコの娘アバター ファミコン初期に発売されたアクションゲームの原点、ロードランナーだね。( ゚∀゚)ノ
シンプルな画面構成ながら敵を如何に避けて進むかというパズル性もあって、意外と奥が深いんだよね。◝(⁰▿⁰)◜




ネットショップ一覧

 

12345 (まだ評価されていません)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。