秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

アーケードの興奮をそのまま家庭用に!サターン屈指の名作シューティング!

time 2018/04/11

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
アーケードの興奮をそのまま家庭用に!サターン屈指の名作シューティング!

sponsored link

『レイヤーセクション』概要

1995年9月14日、セガサターン用ソフトとして発売。

『レイヤーセクション』(LAYER SECTION)とタイトルが変更(開発時の仮タイトルだったもの。国内に同名のゲームメーカーが存在していたため、名称の重複を防ぐための措置だったとされる)。

開発はビング、販売はタイトー。

BGMはアーケード音源ではなくCD音源のモノラル再生。家庭用のテレビサイズに合わせるために敵出現配置などが変更されているが、アーケード版準拠の縦画面表示モード(アーケードモード)によってアーケード版の構成も再現している。

※Wikipediaより抜粋


『レイヤーセクション』プレイレビュー

アーケードにて人気だったシューティング「レイフォース」のサターン移植作品。移植に際してタイトルが変更されているが、アーケードをほぼ再現した移植によりファンから支持されている。

良かった点

アーケード作品を上手く家庭用に落としこんでいる。家庭用モードとアーケードモードがあり、アーケードモードでは家庭用テレビでは見にくい縦画面表示ながら、作品の世界観をそのまま表現している。

この作品の特徴としてはロックオンシステムがあり、これが敵の撃破やスコアに直結していてやり応えがある。どういった敵をいくつロックオンするかなど、奥行きのある駆け引きが本作の醍醐味とも言える。

悪かった点

アーケードと同様に難易度がとても高い。容赦ない敵の攻撃に対して、最初は死んでパターンを覚えるという作業が必要になる。

感想 まとめ

シューティングゲームとしてゲーム性やBGM、グラフィック、演出などのあらゆる点で秀逸な出来栄えといえる本作。

敵の攻撃をかいくぐり、狙ったところへロックオン攻撃していく爽快感は本作ならではだと思うので、シューティングが好きなら一度プレイしてみてはどうか。

 


 


管理人の雑感
オトコの娘アバター ダライアスなどでもお馴染みのタイトーが製作したアーケード作品のサターン移植版だね。( ゚∀゚)ノ
本作ならではの多彩な演出、ゲームとして完成されたシューティングなどが魅力的でプレイしていて飽きないよね。ヾ(´▽`;)




ネットショップ一覧

 

12345 (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。