秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

後世の対戦格闘ゲームの礎を作った!?キャラゲーとしても秀逸な往年の名作アクション!

time 2016/06/15

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
後世の対戦格闘ゲームの礎を作った!?キャラゲーとしても秀逸な往年の名作アクション!

sponsored link

『キン肉マン マッスルタッグマッチ』概要

バンダイが初めて発売したファミリーコンピュータ用ソフトであり、当時関連商品がヒットを飛ばしていた『キン肉マン』を起用[1]。ミリオンセラーとなった。当時は対戦型格闘ゲームの概念すらない時代であるものの、2人対戦をコンセプトとしている。

2頭身で表現された超人8人がタッグを組み、パンチ、キック、バックドロップなどの技を使って闘うゲーム。ミート君が投げる命の玉を取ると必殺技が使用できる。片方の相手に3回戦中2回勝利すれば1ステージクリア。

※Wikipediaより抜粋


『キン肉マン マッスルタッグマッチ』プレイレビュー

週刊少年ジャンプで連載されていた格闘漫画『キン肉マン』を題材にした対戦アクションゲームです。
対戦ルールは原作漫画の世界観を再現しており、8名の超人の中から2名を選んでタッグを組み、相手チームのタッグとパンチ、キックのほか、リングサイドのミート君がリングに投げ入れる『命の玉』を取ることで使用できる必殺技を駆使して戦うことになります。

敵の体力を0にして3カウントを取ることでラウンド奪取となり、3ラウンド中2ラウンド勝つことで勝利となります。
バトルの舞台となるリングは通常のリングのほか、床が滑る氷リング、リングロープに接触するとダメージを受けてしまう電気リングがあります。

良かった点

発売当時スコアアタックで相手と競うゲームはありましたが、『対戦相手の体力を0にする』ことで勝敗を競うゲームは非常に少なかったため、そのアイディアは非常に斬新といえます。

また、主人公のキン肉マンはもちろん、ロビンマスク等の人気超人8名がピックアップされているのも魅力的です。
超人ごとに移動スピードや技の性能に違いがあり、好きな超人を選ぶのか、性能を重視して選ぶのか、というキャラクター選択の楽しみもあります。

悪かった点

キャラクター間の性能差が大きく、格闘ゲームとしてみるとバランスが良くない部分があります。
さらに命の玉を取ることで使用でき必殺技が非常に強力で、劣勢であっても必殺技を決めることができれば逆転が狙えるという仕様は原作再現要素として熱さを感じますが、その強力さゆえに結局「命の玉を拾うゲーム」になりがちです。

感想 まとめ

ほかのプレイヤーと対戦できるゲームやキャラゲーが非常に少なかった時代に発売されたので、リングで戦うという単純な内容ですが、人気の超人を採用していることや誰でも取っつきやすい操作などキャラゲー黎明期の良作といえます。

 


 

管理人の雑感
オトコの娘アバター原作では最弱キャラ筆頭なのにこの作品では必殺技が唯一の飛び道具として最強だったブロッケンが印象的です。友人たちとの間では「ブロッケン禁止令」出てましたねw
さらにバッファローマンやウォーズマンも必殺技がかなり強く、いかにそれら強キャラを組技系キャラで倒すか?も楽しかったです(・∀・)


ネットショップ一覧

12345 (2 投票, 平均点: 5.00)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。