秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

タイトーの往年の名作シリーズ!和風シューティングアクションと言えばやっぱコレでしょ!?

time 2016/03/08

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
タイトーの往年の名作シリーズ!和風シューティングアクションと言えばやっぱコレでしょ!?

sponsored link

『奇々怪界 謎の黒マント』概要

『奇々怪界 謎の黒マント』(ききかいかい なぞのくろまんと)は、1992年12月22日にナツメから発売された日本のゲームソフト。

タイトーとライセンス契約を結んだナツメが開発、販売を手がけたスーパーファミコン版の『奇々怪界』シリーズ第1弾。
AC版のシステムを基本に、操作性やゲーム性に独自の要素が加えられた作品で、北米では『Pocky & Rocky』(ポッキー アンド ロッキー)の表題で発売された。

※Wikipediaより抜粋


『奇々怪界 謎の黒マント』プレイレビュー

タイトーのシューティングゲーム「奇々怪界」シリーズのスーパーファミコンのソフトになります。
巫女の小夜が1プレイヤー、たぬきの魔奴化を2プレイヤーが操作します。

攻撃手段や敵の攻撃はシューティングゲームになっていますが、移動はスクロールするステージをキャラを歩かせて進んでいきます。
ヘッドスライディングなど回避行動もあるので、アクションゲームの要素もある所も魅力的です。

また、ショットは2種類のアイテムによって性能が変化し、一度に飛ばす数が横に広がり範囲が広がるショットと火のエフェクトになり攻撃力が上がるショットの2種類があります。

良かった点

和風な世界観に非常にマッチした良質なBGMは評判が良く、ステージ2の曲などは特に高い評価を得ています。
シューティングゲームと言うものの王道なシューティングの様な強制スクロールではないので、ある程度自分のペースで敵を片づけながら進む事が出来ます。

悪かった点

ステージ3辺りから難易度が跳ね上がるので全体的に難易度が高めです。
人によってはイカダでの強制スクロールになるステージ2中盤からも苦戦します。

感想 まとめ

難易度こそ高いですが、BGMの良さやアクションゲームに近い操作性のシューティングと爽快感はあるので軽く触る分には面白い内容になっています。
難しいゲームに挑戦したいと言う人にも良い内容になっていると思うので、気になった方はプレイしてみてはいかがでしょうか?

 


 

管理人の雑感
オトコの娘アバターアラサー、アラフォーのゲーマーさんならかなり懐かしい気持ちにさせてくれる作品ですよね!ヽ(=´▽`=)ノ
可愛らしいキャラクターと適度な難易度が秀逸な傑作だと思います!( ・`ω・´)


ネットショップ一覧

12345 (2 投票, 平均点: 5.00)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。