秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

OVAにドラマCDなどマルチに展開!色褪せる事ない名曲を生み出したアドベンチャー!

time 2018/07/09

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
OVAにドラマCDなどマルチに展開!色褪せる事ない名曲を生み出したアドベンチャー!

sponsored link

『カナリア 〜この想いを歌に乗せて〜』概要

『カナリア 〜この想いを歌に乗せて〜』は、2000年8月4日にフロントウイングより発売された18禁恋愛アドベンチャーゲーム。NECインターチャネルより2001年8月23日にドリームキャスト版が、2003年4月10日にPlayStation 2版が発売されている。

また、ドリームキャスト版の発売と同年の11月22日に、初回版の特典であったビジュアルファンブックなどを1枚のCD-ROMに収めたおまけディスクを付けた通常版+がフロントウイングより発売されている。

・ストーリー
両親の仕事の都合で香川県琴平に引っ越してきた主人公・八朔洋平。琴平学園に転入した彼は軽音楽部に入り、個性豊かな仲間と共に学園祭のライブを目指す。

※Wikipediaより抜粋


『カナリア 〜この想いを歌に乗せて〜』プレイレビュー

PCソフトからドリームキャストに移植されたアドベンチャーゲーム。ドラマCDやOVAなど多方面に展開された根強い人気のある作品で、PS2にも移植されている。

良かった点

本作の魅力は何と言っても楽曲の素晴らしさ。PC版だと「シールド」「ナカニ」などの名曲が作られ、家庭用版でも「サイン」「ノナカニ」など今でも通用する秀逸な音楽で本作の世界観を作り出している。

後に「グリーングリーン」や「キラ☆キラ」などの他作品において、楽曲を全面に押し出して展開していく手法は本作が原点といえる。

悪かった点

ストーリーは好みが分かれる部分だと思う。かなり意外な展開を見せるシナリオなのでプレイヤーは衝撃を受けるのだが、突飛な面も否めない。

感想 まとめ

当時のアドベンチャーといえばシナリオ重視の傾向が強く、読み物としての完成度が求められていた中で、各キャラ毎に異常にクオリティの高い名曲をつける事で1点突破した稀有な作品。

あくまでもアドベンチャーゲームの付属物だった楽曲に全力を注ぐ事で、ゲームと楽曲の主従のあり方に一石を投じた。

 


 


管理人の雑感
オトコの娘アバター PCソフトが原作となるドリームキャストのアドベンチャーゲームだね。( ゚∀゚)ノ
ゲームの楽曲って意外と耳に残るものも多いから、こういった視点からゲーム作りしてみるのもいいよね。◝(⁰▿⁰)◜




ネットショップ一覧

 

12345 (まだ評価されていません)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。