秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

エンディングのセリフを自分で編集して恋人気分?伝説のアイドルをモチーフにした伝説のクソゲー!

time 2016/07/25

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
エンディングのセリフを自分で編集して恋人気分?伝説のアイドルをモチーフにした伝説のクソゲー!

sponsored link

『光GENJI ローラーパニック』概要

1989年3月20日にポニーキャニオンから発売されたファミリーコンピュータ ディスクシステム用のアドベンチャーゲームである。

盗まれたローラースケートを取り返すため、光GENJIのメンバー1人と組んで事件を解く。
生年月日、誰と組むか、言われたい一言を決め、場所を回り捜査、目撃証言を集め犯人を問い詰めるとスケートを返してくれる。
これを7人分繰り返し全員分集めるとクリアになる。

※Wikipediaより抜粋


『光GENJI ローラーパニック』プレイレビュー

80年代から90年代にかけて人気を誇ったアイドルグループ『光GENJI』を題材としたアドベンチャーゲームです。

光GENJIがライブで使用するローラースケートが盗まれてしまったため、プレイヤーと一緒に探しに行くというストーリーになっており、光GENJIのファンには魅力的なゲームとなっています。

良かった点

光GENJIのメンバーひとりずつとローラースケートを捜しに行くため、好きなメンバーと二人きりでデート気分を味わうことができます。

また、エンディングでメンバーからかけてもらうセリフを自分で編集できる点も魅力的です。

悪かった点

ローラースケートを盗んだ犯人はそれぞれ別人なので、メンバーの人数分犯人探しをするため同じ作業を7回することになり自由度は全くありません。

感想 まとめ

人気アイドルを扱ったゲームですがアイドルのグラフィックが似ていないなど肝心の魅力が全く伝わらず、タレントゲーとしての醍醐味は皆無です。

また、アドベンチャー部分の選択肢もなげやりな部分が目立ちます。

ただし、当時発売されていたタレントゲーとしては標準的な内容といえますので、レトロゲー好きの人が当時の水準を知るためにプレイしてみるのは良いかもしれません。

 


 

管理人の雑感
オトコの娘アバター当時はタレントモチーフのゲームが多かったですが、本作はその中でも群を抜いて有名(もちろんキテレツな意味で)な作品ですね!
メーカーの「とりあえず流行りに乗って作ってみました」感がタマラナイですが、元祖「乙女ゲー」と言えなくもない?ww


ネットショップ一覧

12345 (1 投票, 平均点: 1.00)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。