秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

肝心の音声認識が残念!専用マイクを使ってピカチュウと楽しくコミュニケーション♪

time 2016/01/04

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
肝心の音声認識が残念!専用マイクを使ってピカチュウと楽しくコミュニケーション♪

sponsored link

『ピカチュウげんきでちゅう』概要

任天堂より1998年12月12日に発売されたNINTENDO64用対話ゲーム。
開発はアンブレラで、マリーガルマネジメントの出資を受けている。
販売本数は約70万本。
アメリカでは2000年11月6日に、『Hey You, Pikachu!』という名称で発売されている。

『ポケットモンスター』の人気キャラクターであるピカチュウと友達になって交流することが目的。
タイトルの「げんきでちゅう」は「元気です」をかけている。

このソフトには「NINTENDO64 VRS(音声認識システム)」とマイクが付属しており、マイクを使ってピカチュウとコミュニケーションを取って遊べることが特徴。
ただし、認識できるのは特定の単語のみで、全文を認識出来るわけではない。
発売当時は世界初の「音声認識ソフト」として大々的に宣伝された。
また、テレビCMには綿引勝彦を起用し、このようなファンシーなキャラクターには、ミスマッチな組み合わせも話題となった。

アンブレラが初めて開発したゲームである。
元々、アンブレラはVRSの初期開発段階から関わっており、VRSを使った独自のゲームを、スタッフが秋葉原で部品を買って来て、マイクをNINTENDO64につなげて製作していた。
製作途中で、ピカチュウをメインにしたゲームに変更し、本作が生まれた。

※Wikipediaより抜粋


『ピカチュウげんきでちゅう』プレイレビュー

ポケットモンスターでお馴染みの大人気キャラクター、ピカチュウと交流するゲーム。
専用のマイクを使ってピカチュウとコミュニケーションを計れる斬新さがこの作品の最大の魅力です。

良かった点

ピカチュウが魅力的で、動く様がとても愛らしく、自分の声に反応するピカチュウを愛でるのがこのゲームの醍醐味となる。
また、世界初となる音声認識ソフトである。

悪かった点

きちんと認識できる言葉が限られており、うまくコミュニケーションがとれないことが多々ある。
声を出さないといけないため、あまり五月蠅くできなかったり声を出すのが恥ずかしい、といった人には向かない。

感想 まとめ

ピカチュウが好きで好きでたまらない人向けのゲームw
コミュニケーションがうまくいかずもどかしく思うこともあるが、動物を相手にコミュニケーションがスムーズにいきすぎるのも、それはそれで問題であるかも(笑)
ただし、マイクがないとゲームが成り立たないため、購入する際には注意して欲しい。

 

管理人の雑感
オトコの娘アバターアラサー世代ならこの作品を「懐かしい!」と思う方も多いのではないでしょうか( *´艸`)
なかなか音声を認識してくれず、ひたすら「ピカピカ」と元気に話すピカチュウに子供ながら怒りを覚えた記憶が蘇ります★(笑)
いまの技術を使えばお年寄りをターゲットにした癒し系ゲームにできそうだなとこっそり思ったりしています( ゚Д゚)w


ネットショップ一覧

12345 (まだ評価されていません)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。