秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

多くのゲーマーの心をわしづかみしたFEシリーズの超大作!名作過ぎて、本作を超える作品が未だ出てこないとの声もアリ!

time 2017/07/05

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
多くのゲーマーの心をわしづかみしたFEシリーズの超大作!名作過ぎて、本作を超える作品が未だ出てこないとの声もアリ!

sponsored link

『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』概要

『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』は、ファイアーエムブレムシリーズの4作目に当たる作品で、1996年5月14日に任天堂よりスーパーファミコン用ソフトとして発売された。

シリーズ第4作目にして世界観を完全に一新し、シリーズの新たな境地を見せた意欲作。
「聖戦」と呼ばれる戦争によって平和がもたらされたという伝説の残るユグドラル大陸が物語の舞台。

前作『ファイアーエムブレム 紋章の謎』と同じ二部構成だが、自国の平和や他国への侵攻を望むさまざまな国家(宗教組織を含む)が密接に関わり合い、国同士の間で起こる戦争が物語の中心となっている。
悲劇的な展開も特徴で、開発者は本作の製作における趣旨について「戦争の悲惨さを伝えること」を挙げている。

ゲームシステムも前作から大きな変更がされており、スキルシステムや三すくみに騎馬ユニットの再移動など、後のシリーズにも受け継がれているシステムも多い。

一方、広大なマップの中の各地を転々とする戦闘マップや、プレイヤーの操るユニットの少数精鋭で偏った構成、代替わりによる能力の継承、癖のある確率計算、恋愛システム、武器ごとの熟練度など、本作ならではの要素も多く含まれている。

※Wikipediaより抜粋


『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』プレイレビュー

現在でもシリーズが続いている人気シミュレーションゲームです。
3DSで発売されている「ファイアーエムブレム 覚醒」などは、この聖戦の系譜のシステムが色濃く引き継がれています。

良かった点

シリーズの中でも最も評価が高いと言われています。

物語は前半と後半に大きく分かれています。
前半の主人公はシグルド。後半の主人公はその息子のセリスです。父親の意思を受け継ぎ、未来を切り開いていくそのストーリーはとてつもなく秀逸です。

ゲームシステムにおいても前編のキャラクター達が結婚し、その子供達が後編で活躍するというシステムが素晴らしくドラマチックで、最近のシリーズにも受け継がれています。

悪かった点

名作すぎて特に見当たりません。
敢えていうなら難易度が今のゲームに比べて高いということでしょうか。

また、ユーザーインターフェイスは最新のシリーズに比べればやはり劣ります。
しかし、それとて「短所を無理矢理あげるなら…」のレベルだと思います。

感想 まとめ

シリーズの人気を不動のものにした名作中の名作です。
最新ハードでもバーチャルコンソールで発売されているので是非プレイしてみてください。

 


 


管理人の雑感
オトコの娘アバター 任天堂のシミュレーションゲームと言えばファイアーエムブレム!ってくらい人気なタイトルだよね。◝(⁰▿⁰)◜
今でもずっと語り継がれる名作に心からの敬意を。ヾ(´▽`;)




ネットショップ一覧

 

12345 (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。