秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

3すくみによる新感覚な格闘ゲーム!今なお続く人気シリーズの第一作目!

time 2018/03/19

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
3すくみによる新感覚な格闘ゲーム!今なお続く人気シリーズの第一作目!

sponsored link

『DEAD OR ALIVE(SS版)』概要

『DEAD OR ALIVE』セガサターン、1997年10月9日発売(通常版&初回限定版)

移植作ではあるが操作系の改善、条件を満たすと「雷道」が使用可能になる、新規のオープニングとエンディングになっているなど様々な要素に手が加えられており、準新作に近い内容になっている。

投げ抜けのコマンドは基本種がH+Pボタン、かすみの「飛燕逆落」やティナの「J・O・S」といった投げコンボの2連目からがH+P+Kボタン同時押しで可能。

しかし猶予フレームがほぼ存在しないため、特に基本投げは「見てから」では間に合わず「ほぼ同じタイミングで投げ合った」時のみ成立するもので、連打も失敗と判定されるシビアな仕様となっている。

※Wikipediaより抜粋


『DEAD OR ALIVE(SS版)』プレイレビュー

アーケードで人気だったテクモの格闘ゲームがサターンに移植された作品。これまでにないホールドという要素により、他には無い本作ならではの操作感があった。

良かった点

格闘ゲームに3すくみの要素を取り入れた事は画期的で斬新だった。これまでは打撃に対してはガードが基本だったが、打撃にはホールドで返すのが本作の醍醐味なので、相手の動きを良く見てコマンドを入力する必要がある。

こういった先読みは格闘ゲームの基本なのだが本作はそれがさらに顕著であり、複雑な必殺技入力よりも相手の攻撃を適切に捌くほうが重要なのは新鮮だった。

グラフィックも当時としては美麗でそれぞれ魅力的なキャラ達を上手く表現していた。

悪かった点

格闘ゲームの醍醐味が詰まった作品だけあって、力量の差がわかりやすく出てしまう。初心者にはよくあるガチャ押しで攻めても、ホールドで一方的にやられるだけなので、システムを理解し慣れることが肝心。

感想 まとめ

他の格闘ゲームとは違って、キチンと敵の攻撃を捌くことが重要となる作品。敵との熱い駆け引きが楽しく、シリーズ化もしているので格闘ゲーム好きならおすすめしたい。

 


 


管理人の雑感
オトコの娘アバター テクモを代表する人気格闘ゲームDEAD OR ALIVEシリーズの一作目だね。( ゚∀゚)ノ
登場するそれぞれのキャラクター達も人気で、無双シリーズなどにも登場したりしてるよね。◝(⁰▿⁰)◜




ネットショップ一覧

 

12345 (まだ評価されていません)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。