秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

最大の敵は不注意な自分!?今なお続く大人気シリーズの原点!

time 2017/12/14

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
最大の敵は不注意な自分!?今なお続く大人気シリーズの原点!

sponsored link

『ボンバーマン』概要

『ボンバーマン』は、1985年12月20日にハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント)がファミリーコンピュータ(以下FC)用ソフトとして発売したアクションゲームである。

8ビットパソコン用ゲーム『爆弾男』を基に家庭用にリメイクして発売したゲームソフト。FCロムカセット版は同社のFC版『バイナリィランド』と同日に発売されており、当時のテレビCMでも「バイナリィランドと同時発売」と強調されていた。

主人公のボンバーマンは、バンゲリング帝国の地下迷宮で爆弾を製造する仕事をしていた作業用ロボット。彼はこの毎日にうんざりしていた。

ある日、彼は地上に脱出すれば人間になれるといううわさを聞く。ボンバーマンは人間になり自由を得るため、地上への脱出を決意した。

※Wikipediaより抜粋


『ボンバーマン』プレイレビュー

30年以上続く人気シリーズの原点となったファミコンソフトです。主人公のボンバーマンが地下迷宮から脱出することを目的としたアクションゲームです。

良かった点

爆弾で何でも爆破できるところです。操作キャラであるボンバーマンの武器は爆弾で敵を倒せるのはもちろんのこと、ステージ中にあるレンガ(模様があるブロック)も壊せるという秀逸なものです。

因みに爆弾の使用制限などは特にないので、好きなだけ使うことができます。

悪かった点

どのステージも見た目が同じになっているところです。このゲームのステージは全部で50まであり、全てブロックに囲われている場所、背景が緑で統一されています。ステージ毎に違うのはレンガの配置と出てくる敵のみです。

各ステージの一部分だけ変化するのは斬新でいいと思いますが、それだとなんだか質素なので例えばステージ毎に背景の色が変わるなどといった演出を入れて欲しかったです。

感想 まとめ

操作キャラの武器で何でも壊せるというのは自由度があっていいと思いました。それとどのステージもブロックに囲われていて背景が緑になっているのが独特な世界観だなと感じました。

アクションゲームやボンバーマンシリーズが好きという人におすすめします。

 


 


管理人の雑感
オトコの娘アバター ハドソンの名前を世に広める事になったファミコンの名作アクションだね。( ゚∀゚)ノ
敵に追われながら置いた爆弾で自滅してしまうというのは、誰しもが通る道だよね。◝(⁰▿⁰)◜




ネットショップ一覧

 

12345 (まだ評価されていません)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。