秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

親鳥となって我が子を無事巣立ちさせよう!餌を捕まえ雛を育てるシミュレーション!

time 2018/10/31

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
親鳥となって我が子を無事巣立ちさせよう!餌を捕まえ雛を育てるシミュレーション!

sponsored link

『バード・ウィーク』概要

『バード・ウィーク』は、1986年6月3日に東芝EMI(現・ユニバーサル ミュージックLLC)によってファミリーコンピュータ用ソフトとして発売された生態系シミュレーションゲームである。

ゲーム内容は親鳥のマミーが雛を育てることが目的である。

親鳥は雛に餌をあたえるために空を飛んでいる虫を取るが、親鳥を妨害する敵もいるので、親鳥はキノコを掴み投下して敵を倒す。

当初、全999面が存在するといううたい文句であったが、実際は36面を一区切りとし、以降は1面からループしている。ボーナスステージもある。

雛にエサを規定数あたえると巣立っていくが、その描写が昇天(死んでしまった)しているようにも見えるため、普通にゲームを進めていても「エサを与えているのに、雛が死んでしまった。どうすればよいのだろう?」と戸惑う人が続出した事でも有名なゲーム。

当時のプレーヤーの中には『光線銃』対応のシューティングゲームと勘違いして購入した者がいると伝えられている。

「家族みんなで楽しめるゲーム」という点をアピールし、発売時には家族対抗コンテストが行われた。

※Wikipediaより抜粋


『バード・ウィーク』プレイレビュー

親鳥のマミーを操作して雛に餌を与えて巣立ちさせることを目的としたシミュレーションゲームです。

ステージに制限時間はないので自分のペースで攻略できるという秀逸なシステムになっています。

良かった点

雛を育てられるところです。ファミコンにはいろんなソフトがありますが、鳥を育てられるゲームはこれだけです。

やり方は敵に注意しながら飛んでいる虫を捕まえてそれを雛に与えるというとても簡単な方法で何回か餌を与えると巣立っていくので達成感を味わうこともできます。

鳥を育てるという未知の体験ができるところがこのゲームの醍醐味です。

悪かった点

ゲームが中断できないところです。このゲームのステージは全部で36面と全クリするのに結構時間がかかりますが、中断して後で再開するということができません。

この頃に発売したゲームはパスワードを入力すれば再開できるシステムが主流でしたが、このゲームにはそういったものはありません。

ゲームを始めたら全クリするまで終了できないのはいくらなんでも厳しすぎると思いました。

感想 まとめ

自分が小学生の頃、このゲームで何回か遊びました。やることは単純でしたが、結構楽しかったです。それから、親鳥や雛のグラフィックが可愛くなっているところに魅力を感じました。

ファミコンソフトや鳥が好きという人におすすめします。

 


 


管理人の雑感
オトコの娘アバター 鳥になって雛を育てるファミコンの育成シミュレーション作品だね。( ゚∀゚)ノ
育成ゲーは後にたまごっちなどで一世を風靡するけど、それより前にもこういう作品があったんだね。◝(⁰▿⁰)◜




ネットショップ一覧

 

12345 (まだ評価されていません)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。