秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

マップ作りの楽しさを改めて実感!10周年を迎えたアトラスの人気シリーズ第一作目!

time 2017/09/11

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
マップ作りの楽しさを改めて実感!10周年を迎えたアトラスの人気シリーズ第一作目!

sponsored link

『世界樹の迷宮』概要

アトラス完全新作RPG、DSにて登場!
「モンスターがひそむダンジョンに挑むRPG。
一歩ごとにマップを記して迷宮の謎を解け!」

・DSに合わせた「こまめに遊べるRPG」
オーソドックスながら奥が深いバトルに加えて、「100を越す小クエスト」、「アイテムを売却すると発展する街」、「細かく進める本編シナリオ」などといった、通勤通学時間にこまめに遊べるゲーム性をもった携帯機DSならではのRPGとなっています。

・手書きマッピングができる!
DSタッチペン機能をフルに活用して、ダンジョンの地図を作成可能!

線を引き、道を塗り、アイコンを貼り付け、メモを取る・・・本物の地図を作るように、ペンでなぞってマップを作成。懐かしくも新しい「自分だけの攻略本」を作っていく楽しみが味わえます。

・魅力あるキャラクターと音楽!
9つの職業×4パターンで、36タイプのキャラクターからパーティ編成が可能。見た目まで自由にカスタマイズ。
イラストレーターはライトノベルなどで若者に大人気の「日向悠二」。サウンドは名ゲームコンポーザー「古代祐三」が担当。ゲームを盛り立てます。

※Amazonより抜粋


『世界樹の迷宮』プレイレビュー

世界樹の迷宮はDSで発売された、3Dダンジョン探索RPGである。

「世界樹の迷宮」と呼ばれる巨大樹海を、上へ上へと探索していく中、世界樹の秘密を知っていくといったストーリーではあるが、探索・戦闘・キャラメイクといった部分に重きを置いた作品であるため、世界観として設定されている程度の感覚だ。

初期は7つ、後に追加2つの計9種の職業から好きなキャラクターを自分で作成し、パーティを編成して探索していく。
また本シリーズ独特のシステムとして、DSの下画面におけるマッピング機能と、FOEと呼ばれる可視化された敵の存在が挙げられる。

良かった点

まず一貫して3Dダンジョンを探索するゲームであるということが、過去にウィザードリィ等3Dダンジョンゲームを楽しんでいた世代にヒットしたことが非常に評価出来る点だ。

プロジェクト自体もそれを目指したものであり、見事にマッチしていた。私もその一人であり、発表の時点から「こんなゲームを待っていた!」と思ったものである。

キャラメイクやパーティ編成の自由度も非常に高く、バランス型で組んでも良し、攻撃型で組んでも良し、防御型で手堅く組んでもよい。
キャラの育成面でもスキルポイントをどう振り分けるかといった点でキャラそれぞれの特性が持たせられ、自分で姿を決め名付けたキャラなだけに非常に愛着が沸く。

ダンジョンギミックやボス戦は手強いものが多いものの、クリアした時の達成感が非常に爽快だ。

そして本作の一番斬新なシステムであるDS下画面を使ったマッピングがとても楽しい。

どこにドアがあり、どこにダメージゾーンがあって、ここにFOEがいるから注意といった注意点に至るまで、自分でアイコンを置いたりメモを書き残したり出来る。
マップを綺麗に完成させることに夢中になってしまった。

ストーリーはあってないようなものだが、終盤のとある地域については本作の開発を手掛けるアトラスの女神転生シリーズを遊んでいるとハッと思うところがあり、メーカーのちょっとした遊び心も感じられた。

悪かった点

しかし本作は過去の3Dダンジョンゲームへの回帰を目指し過ぎたせいか、難易度が少し高めに設定されている。
まず毒が他のゲームに比べ異常にダメージが多い。逆にこちらが使えれば強力なステータス異常ではあるのだが、序盤はこれに苦労させられた。

またボス戦も全体的に難易度は高めで、初見殺しの要素も多々含んでいる。
普通のRPG以上にバフ・デバフやステータス異常などが重要になっていることに気づくと改善出来るところもあるが、パーティ編成によっては回避できない場面も出てきてしまうのだ。

ボスによってはどうしても必要な職種があったりと、若干パーティ編成の自由度に制限がついてしまう点は勿体無かった部分だ。

感想 まとめ

少々粗さもあったが、世界樹の迷宮は3Dダンジョンゲームの復活に間違いなく一役買った存在であり、本シリーズの続編や、他メーカーからも多数3Dダンジョン探索ゲームが発売されることとなった。

私にとってこの風潮は非常に嬉しいものである。
勿論今でも世界樹の迷宮シリーズは遊び続けており、本作が世に出たことに非常に感謝している。

難易度は高いが、3Dダンジョンゲームの代表格の一つとして挙げられるゲームだろう。

 


 


管理人の雑感
オトコの娘アバター のちにシリーズ化してアニメ化までした世界中の迷宮の第一作目だね。◝(⁰▿⁰)◜
DSの2画面を活かして、マップ作りしながら冒険するという発想が面白いよね!( ゚∀゚)ノ




ネットショップ一覧

 

12345 (1 投票, 平均点: 4.00)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。