秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

親しみやすいレトロゲームが満載!ボリューム感ある数種類のやりこみゲームに夢中になろう

time 2016/02/03

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
親しみやすいレトロゲームが満載!ボリューム感ある数種類のやりこみゲームに夢中になろう

sponsored link

『ゲームセンターCX 有野の挑戦状2』概要

『ゲームセンターCX 有野の挑戦状2』は、2009年2月26日にバンダイナムコゲームスから発売されたニンテンドーDS用ソフト。
開発元はインディーズゼロ。
ゲームのジャンルは“ゲームinゲーム”。

『ゲームセンターCX 有野の挑戦状』の続編タイトルとして、フジテレビCS放送・フジテレビTWOで放送の番組『ゲームセンターCX』から生まれた。

※Wikipediaより抜粋


『ゲームセンターCX 有野の挑戦状2』プレイレビュー

お笑い芸人のよゐこ有野晋哉がメインパーソナリティを務めるゲーム番組「ゲームセンターCX」の番組企画の中で誕生したゲームの2作目。
前作同様にゲーム内ゲームと言うゲーム上で主人公と有野少年達が居間で当時のファミコンなどをモチーフにしたオリジナルゲームをプレイしていくというスタイルになっています。

今作では収録タイトルのジャンルも増え、再現されているハードも前作ではファミコン、ゲームボーイが登場しましたが、今作では更にスーパーファミコン、MSX、ディスクシステムなどをモチーフにしたゲームが登場します。

更に新要素として、ゲーム屋に行って試遊台でゲームを楽しんだり、毎日1つ挑戦が用意される本日の挑戦など追加されました。

良かった点

前作に引き続きレトロゲームの再現度が非常に高く秀逸な収録ゲームタイトルの数々がとにかく面白いです。
シンプルながらやりこめるアクション、パズルものから、じっくりと楽しめるRPG、推理アドベンチャー、爽快感抜群のシューティングなどが収録されているので、今作1本で充実のラインナップを楽しむ事が出来ます。

また、有野少年のボイスもバリエーションが増えていて様々なリアクションを楽しむ事が出来ます。
ボイスはいらない人の為にオフにも出来るので、前作でボイスを楽しんでいた人には更に楽しめ、いらない人への配慮も出来ています。

悪かった点

前作のタイトルもハードを変えたり、マイナーチェンジをして楽しめる様になっている中で、「ハグルマン3」など一部の前作にあったゲームがマイナーチェンジもなく未収録になっています。

また、前作に比べて全体的に挑戦内容は易しくなっており、ライトユーザーにもプレイしやすい反面、挑戦と言えない様な「普通にやっていれば絶対にクリア出来てしまう」ようなものもあるので、やや物足りなさを感じました。

感想 まとめ

テレビ番組やタレントゲームとしては非常に高いクオリティを誇っているので、今プレイしてもレトロゲーム同様に充分楽しむ事が出来ます。
攻略本を読んでゲームをプレイする、ゲーム内でメモをとって攻略するなど、子供の頃に楽しんだゲームの楽しみ方を満喫出来る魅力的な要素が詰まった1本です。

 

管理人の雑感
オトコの娘アバター昔懐かしいゲームを楽しみたい方にピッタリなのがこの作品( *´艸`)
1本のソフトで様々なゲームを遊ぶことができるのでお得感も満載ですw
ボリュームもあるので隙間時間だけでなく、本命ゲームとして時間を忘れるほど遊びつくすことができます(/・ω・)/


ネットショップ一覧

12345 (1 投票, 平均点: 3.00)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。