秀逸ゲーム みんなのオススメはコレ!言いたい放題プレイレビュー

巷にある色んなゲームの「秀逸!」だと思うポイントを、実際にプレイした色んな人の意見を元に紹介している読者参加型サイトです。アナタのご意見・ご感想、プレイレビューなどもお待ちしています。サイトへの再訪問には「秀逸ゲームレビュー」で検索☆

大人気ゾンビガンシュー第4弾!前作の不満点を解消して遊びやすく良進化!

time 2016/03/28

「このゲーム面白い!」って時はみんなにも教えてあげよう!
大人気ゾンビガンシュー第4弾!前作の不満点を解消して遊びやすく良進化!

sponsored link

『THE HOUSE OF THE DEAD4』概要


『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 4』(ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド フォー、The House of the Dead 4)は、2005年に発売された、セガAM1研が制作し、セガ(後にアーケードゲームをセガ・インタラクティブが、コンシューマゲームはセガゲームスがそれぞれ承継)から発売されたアーケード用ガンシューティングゲームザ・ハウス・オブ・ザ・デッドシリーズの4作目である。
新基板LINDBERGHの第一弾タイトルとして発売された。

舞台は英国、ロンドン。
前々作(HOD2)の事件から3年が過ぎた2003年、AMSエージェントであるジェームズ・テイラーは「3年前の事件がまだ続いている」と考え、現地のAMSエージェント、ケイト・グリーンの案内で、AMSヨーロッパ本部地下5階にてゴールドマン事件の再調査を行っていた。
その時、とてつもない大地震が起こり、本部内部に閉じ込められてしまう。

数日後、ジェームズとケイトは救援を待っていたが、PDAが反応してセキュリティカメラに写ったゾンビの大群を見て危険を感じ、持てるだけの武器や弾薬を持ち出しての脱出を試みる。
無数のゾンビの襲撃を潜り抜け、地上に出たジェームズとケイトを待っていたものは、かつて栄華を極めたロンドンの崩壊した姿だった。
絶望するケイトを、ジェームズは自らも希望を失いそうになりながらも慰める。

その時、ジェームズの所持していたPDAにメールが届く。
メールの送信主は、3年前に死んだはずのゴールドマンであった。
本文には「役者と舞台は揃った」とあり、添付ファイルからは核ミサイルによる地球滅亡を示唆するタイマーが現れる。

3年前の事件に決着をつけるべく、ジェームズはケイトを連れてゴールドマンビルへ向かう。
ビル最上階へ辿り着いた2人に、パソコンのモニターに写し出されたゴールドマンは「パンドラの箱は開かれようとしている。私はもうそれを止めることができない。ここまで来た者に希望を託す」と告げる。
その時、ビル眼下の地面からせり上がってきた巨大な繭の中から、異形の者が現れる。

ジェームズとケイトは、「パンドラの箱」を閉じることができるのか。

※Wikipediaより抜粋


『THE HOUSE OF THE DEAD4』プレイレビュー

人気ホラーシューティングシリーズの第4弾。
今作は2作目で出てきた主人公が復活し、前作からのユーザーにとっては嬉しい仕様となり、アミューズメント施設ではスペシャル版の開発もされ、全国のゲームセンターで盛り上がりを見せた。
また、武器が変更となり、より初心者が入りやすい作りとなった。

良かった点

何と言ってもグラフィックが大幅に向上し、ゾンビ達の気味の悪さや不気味さが増した。
その敵キャラたちがとてつもない数で襲ってきてプレイヤーをパニックへと導くような作りになっているので、ゾンビ映画を観ているかのような迫力がある。

さらに、分岐システムの復活があり、何度も遊べる作りになったのも良かった。
前作でシリーズ伝統であったルート分岐が無くなり、ユーザーからは賛否両論となっていたが、今作では起こした行動により出現する敵やアイテム、そして進行ルートが変わったりすることにより、エンディングを迎えた後も飽きずに遊べるようになっている。
初代などに比べるとやや少なくは感じるが、その分のステージ一つ一つのボリュームが増して、攻略の自由度が戻ってきたのだ。

そして武器が変更され、単発の物ではなく、トリガーを押し続けると無くなるまで撃ち続けることが出来るマシンガンになったのも大きな魅力だ。
この武器チェンジにより、正確に敵を狙う必要性が薄れ、大量の敵を一層する爽快感へと変化した。
シューティングゲームが苦手な人でも簡単に敵を倒す爽快感を味わえるので敷居が低くなったと思う。

その他にも、個数が限られているが、ピンチの時に敵を吹き飛ばせる手榴弾も追加されたので、誰でも気軽に遊べるシューティングゲームへと変化している。
また、ボス戦やイベント時に緊急回避イベントなどが追加され、コントローラーをガチャガチャ振ると成功という違った工夫も施され緊迫感が増していて面白い。

また、評価システムは今作にも引き継ぎがされており、上級者はただ弾を乱射するのではなく、できるだけダメージを喰らわず、かつ正確に敵を倒していくという楽しみ方も出来る。
命中率やスコアによってステージクリア時の評価が変化し、これによってはライフが増えたりエンディングが変化するなどのやりこみ要素も充実している。

悪かった点

全体的に間口を広げるための手段が施されたので、難易度がシリーズ中最も低いと言われている。
上級者のプレイヤーでもシリーズ通しての措置としてノーダメージで進み続けると敵のパターンが変わり難易度が上がっていくようになってはいるが、武器の変更と手榴弾が追加されたことにより、簡単に敵を倒せるようになったのでそこまで難しくはない。
ボスは相変わらず手強くなっているのだが、道中は比較的にサクサク進めるので、少し物足りないと思う方もいるはずだ。

また細かい点だが、グロテスクな表現がかなり抑えられているので、血がドバドバ吹き出したり、部位が欠損するというシリーズお馴染みの描写は無くなったことに、ファンとしては少し違和感を感じた。

感想 まとめ

アーケードでナンバリングの新作は出ていないものの、息が長く未だにゲームセンターで稼働している作品のひとつ。
斬新なゲーム設計により、作品を重ねる毎に飽きない作りでプレイヤーを楽しませてくれることは間違いない。
秀逸なデザインの新ボスも多数登場し、不気味さに磨きがかかっている。

今となっては移植版がPS3でも登場しているので、アーケード版ではクリア出来なかった面などはこちらで練習してみてはどうだろうか?
鉛弾で群がる敵を一掃して、ストレスをぜひ発散して欲しい。

 

管理人の雑感
オトコの娘アバター家庭用ゲームでシューティングを満足できてしまう今だからこそ、久しぶりにゲームセンターでリアル感あるガンシューティングを楽しむのも◎
引き金を引くだけで連射が可能になったサブマシンガンは、構えているだけで臨場感さえも感じられます( *´艸`)


12345 (2 投票, 平均点: 4.00)
Loading...
アナタの評価は星いくつ?(星マークをポチッ!で評価できます)

 

 

sponsored link

down

コメントやレビューはコチラからお気軽にどうぞ




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゲームレビュー募集300
放置伝説

サイト管理人

ゲーマー秀子

ゲーマー秀子

腐れオトコの娘ゲーマーですw 人気タイトルからレゲー、エロゲー、乙女ゲーなどなど、ジャンルを問わずプレイするスタイルです(・∀・)

ハード別カテゴリー

サイト内索引



sponsored link

応援ポチをお願いします☆

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ

人気記事ランキング

各ランキングのベスト30はコチラ

※記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。